『よつばと』名言集-画像・帯・とーちゃん・まとめ・ダンボー・ジャンボ


漫画アニメの名言集
『よつばと』の名言集をご紹介します。

あらすじ

『よつばと』の物語は、好奇心旺盛な主人公・小岩井よつばちゃん(5歳)が
家族と共に、ある町に引っ越してきたところから始まります。

自由奔放でどんなことも楽しめる「よつばちゃん」を中心に、個性溢れる
沢山の登場人物が繰り広げる、ほのぼのとしたコメディーストーリーです。

スポンサードリンク

作品のキャッチコピーが「いつでも今日が一番楽しい日」というもので、
本当にどこにでもありそうな日常生活を子供の視点から楽しく描いてあるので、

読んでいるだけで楽しい気持ちになり、ストレスを吹き飛ばしてくれます。

よつばちゃんの5歳児らしい行動や発言がとにかく可愛くて、面白くて、
思わずクスクス笑ってしまいました。ただ面白いだけでなく、
「あ~子供の時は良かったなぁ・・」と感傷的になる作品でもあります。

 

また、子供に対する大人のあたたかさが物凄く心に響きます!

本当は怒りたくないのに子供に毎日怒ってしまう。頭ごなしに怒鳴ってしまう。
夜スヤスヤ眠る子供の寝顔を見て「明日は怒るのを止めよう」と思うのに、
また翌日も怒ってしまう。・・・そんな自分が嫌でたまらない。

そんなお父さんやお母さんに是非読んでみて欲しいオススメの漫画です。

他の漫画にはない『よつばと』ならではの名言もお楽しみ下さい。

 

 

帯コピーの名言まとめ

『よつばと』の帯に書かれたコピーが秀逸すぎると噂なので、まとめてみました。
帯の内容は単行本内の物語と少しリンクされています。

【1巻】 いつまでも今日が、いちばん楽しい日

 【2巻】 ただ、ここにいるだけのしあわせ。

 【3巻】 どこかで見た、どこにもない場所へ。

 【4巻】 いつかおとなになるこども。と、かつてこどもだったおとな。かわらないまいにち。
 【5巻】 おわらない夏のおわり。

 【6巻】 今日も世界はひろがっていく。

 【7巻】 こどもが走れば、おとなも走る。

 【8巻】 平日、休日、祭日、毎日。

 【9巻】 変わっていく季節、変わらない毎日。

 【10巻】 毎日という宝箱を、今日もあける。
 【11巻】 世界は見つけられるのを待っている。

 【12巻】 目の前には実物大の世界地図。

 【13巻】 そして今日も、日々は続く

 

 

 

 

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

 

「とーちゃん」の名言

よつばちゃんのお父さんで本名・小岩井葉介。1人でよつばちゃんを育てる
優しくて面白いお父さん。子供と一緒に遊ぶときは一緒に楽しみながら、そして、
悪いことは悪いときちんと教える理想のお父さんです!

(とーちゃん)お茶碗割ったのは別にいい
(とーちゃん)窓ガラス割ったのも コーヒーこぼしたのも 別にいい
(よつば)またおさらわっちゃっても?
(とーちゃん)別にいい 失敗するのはよつばの仕事だ
(よつば)ぱそこんこわしても?
(とーちゃん)…パソコンはかんべんしてくれ
(とーちゃん)でも嘘はつくな な?
(よつば)うん もう うそつかない

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

個人的に一番お気に入りのシーンです。部屋で遊んでいるときにお茶碗を割ってしまった
よつばちゃん・・・正直に自分が割ったと言えず、とーちゃんに嘘をついてしまいます。

とーちゃんがよつばちゃんを町に立つ仁王像の所に連れていくと、その顔の怖さに
よつばちゃんは泣き出し、やっと自分が割ったことを正直に話したのでした。
その時に、とーちゃんがよつばちゃんに言ったセリフがこれです。

この言葉に胸を打たれた親御さん、多いのではないでしょうか。ちょうど5歳の子供を
育てている私はこの名言を見て、穴に隠れたいほどの気持ちになりました^^;

子供のヤンチャをむやみやたらに怒らず、じっくりと本当に大切なことを
教えるべきなんですね。大人の言葉でなく、子供の言葉で。

 

その後、よつばちゃんが他の人に「うそをついたらダメ」と言うのですが、
ちゃんと、とーちゃんの想いが伝わっているのですね^^

・車のシートベルトは忘れても 心のシートベルトは忘れるな!

・あいつは何でも楽しめるからな よつばは無敵だ

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

うちの「無敵の僕ちゃん(息子)」は何でも楽しみすぎて、
毎日パパに怒られっぱなしです・・。『よつばと』 読ませなくては^^;

というか、車のシートベルトは忘れちゃダメですね(笑)

 

「ダンボー」の名言

みうらと恵那が夏休みの宿題で作ったダンボールの着ぐるみ。
中に人が入れるが、よつばちゃんは本物のロボットだと思い込んでいる。

私はお金で動く

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

ダンボー(に扮したみうらちゃん)の名言ですね。
デパートの屋上で見かける遊具のようにお金を入れる穴まである本格的な作りです。

 

「ジャンボ」の名言

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

とーちゃんの親友で、とにかく大きい(身長2m20cm)。よつばちゃんの家に度々来て
子供たちと遊んでくれる面倒見の良いタイプです。涙もろい人情家でもあります。

・そんな事はない。俺は働かない。

・復讐は何も生まねーよなー?

・でかくてもかわいくていいじゃねーか!!

・俺は逃げも隠れもしねえ!!

・俺は裸でも大丈夫ですから!

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

いえいえ!周りは裸では大丈夫じゃないですから!!!(笑)

 

「小岩井よつば」の名言

とにかく常に好奇心いっぱいで、元気な女の子。物語の主人公です。
思ったことは全て口に出すという、子供らしいよつばちゃん・・どんどん愛着がわきます。

・とーちゃんはあきもせずずっとしごとな?

・とーちゃんすげー!ビルゲイツみたい!!

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

 

・しつれんってあれな!? しんだりころしたりするやつ…

・だめ しっかりしないとだめになって とうさんする

・うまい!きょうのみそしるはノーベルしょうものだ

 

どんまいどんまい、きにすんな

スポンサードリンク

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

間違い電話がかかってきた時の名言です。この笑顔でこの受け答え・・・
よつばちゃん、最高ですね(笑)

5歳で間違えた相手を気遣ったセリフが言えることが凄いと思いました。

 

あ!おとなりさんのきれいじゃないほうだ

子供って言うんですよね・・・こういうことを平気で。

「あの大きい(太い)おばさん」とか「この人、おじいちゃんじゃないのに毛がないねぇ」とか
不意打ちで大声で言うもんだから、ほんと心臓ドキーっですよ。

はー?何さまですか?

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

家にきた新聞の勧誘員に対して放った名言です。
小岩井家はしつこい勧誘なんてされたことないでしょうね^^;

・とーちゃん みそこなった!!

・とうちゃんはダメだ

・とーちゃんはいっつもパンツまるだしだ!

・にどとくんな!!

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

 

ふーかはあしふといな

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

風香の足を見ていったセリフ。実は前後の内容的にはよつばちゃんなりに
褒めているつもりなんですが、完全に失敗しちゃいましたね^^;

 

ばあちゃんはまだ生きてるの?

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

初めて会ったおばあさんに言った名言。
この日はお盆で「死んだおばあちゃん達が帰ってくる日」と聞いていたので、
つい聞いてしまったのでしょう。子供の心は本当に純粋ですね^^;

・いまのよつばは つよきだから!!

・この絵もヘタだけど、よくできている。気にいりました!

・一見して人生には何の意味もない。
しかし1つの意味もないということは有り得ない。

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

 

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには
走らなければならない。

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

アインシュタインも自分の言葉がまさか5歳の少女に使われるとはビックリでしょう。

人生は走り続けていたほうが楽なこともありますよね。
一回止まると再び動き出すのは大変なので、時には速度を緩めたりしながら
自分のペースで走り続けることができたらいいですね。

 

・そういうのはこどもにはむずかしいの!!

・とにかくのめ な?どんなときもぎゅうにゅうだぞ?

・はー!!やんのかー!?グーでたたくよ!
このグーはほんもののいしだ!それでもいいのか?

・いちからか?いちからせつめいしないとだめか?

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

やんだとよつばちゃんが一緒に牧場に行くシーンで、
やんだに「何しに牧場に行くんだ?」と言われ、よつばちゃんが答えた名言です。

年上のやんだに対して完全に見下したような発言・・・5歳児にこれを言われると
ちょっとめげそうです笑。この名言はLINEでも使える画像としても人気です。

 

・カレーってせかいいちだなー!?

・いいわけはじごくできく

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

・くもがないから そらとちがうかも そらになりかけ

・シェフをよべ!!おいしいです!!

・はんぶんいきてた ぜんぶしんだ

・ひとつだけ消さないで残しとこう んー なんか記念だ

 

きょうはなにしてあそぶ?

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

天真爛漫で巻き込まれたみんなが笑顔になれる、よつばちゃん。
あたたかくて不思議な魅力を持っていますね。
こんなに無邪気の塊みたいな子が1人いると日常が刺激的になりそうです。

 

こいわいよつばです こいわいよつばです

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

よつばちゃんが迷子になった時のシーン。(実際はとーちゃんがわざと迷子にさせます)

迷子になって自分の名前を泣き叫ぶなんて、よつばちゃんさすがです!

 

・きょうのぎゅうにゅうは…ちょうしがいいね

・ぼーくらはみんなー いーきていーるー いきーているから つらいんだー

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

・げんじつは そんなもんだなー?

・こんなにあったら しゅういっかいたべても……まいにち たべられるけいさん

・たいやき はやりか!?りゅうこう!?よつば のりおくれた!?

・やっぱし ちきゅうがいちばんだな!

・こどもって くいしんぼうだから…

 

 

「綾瀬風香」の名言

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

よつばちゃんのお隣に住む綾瀬家の次女、風香。3人姉妹の真ん中です。

よつばちゃんは大体毎日お隣さん宅に遊びに行っています。長女・あさぎは時々意地悪な
冗談を言う小悪魔風な性格の持ち主。次女・風香は高校生の割りにしっかりしているが、
天然で周りとずれた行動をとります。よつばちゃんにとってお姉さん的存在です。

末の恵那は小学4年生。年上として責任感を持っていますが、
よつばちゃんには子供として扱われています。

 

・水金地火木土天海冥

・「なにもない」があるのよ

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

沖縄には「何もない」があると、得意気に語る風香です。
よく田舎では何もないことをPRしていますね。

確かに、都会のごちゃごちゃに疲れた時は何もないところに魅力を感じます。

個人的に沖縄には色々あると思いますけどね^^
綺麗な海もあるし、ちんすこうも、シーサーも・・・・

 

「綾瀬あさぎ」の名言

・フラれたことないからよくわかんないなぁ

・バイバイ小さな殺し屋さん

<画像©あずまきよひこ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス>

 

その他、名言

・いじめんな!ヤギをいじめんな! byやんだ

・うんこうめー!!うんこうめー!! byやんだ

・さよなら私の恋。グッバイマイラブ by柳瀬風香

・星 宇宙 ロマン 夢 風香る 風香 by柳瀬風香

・バーチャル世代だ。ゲーム感覚だ  byみうら

・髪も金色になって!アメリカ人になっちゃうの!? by恵那

・私はお金で動く by恵那

よつばちゃんワールドに引き込まれてしまう、1人笑い要注意の漫画ですね。

スポンサードリンク