『AKIRA』名言集-ピーキー・金田・キヨコ・大佐・アニメ・山形


漫画アニメの名言集
『AKIRA』の名言集をご紹介します。

あらすじ

「新型爆弾」の爆発により東京が崩壊。これによって世界大戦が勃発し
世界中が荒れ果てていきます。

その後再建された新首都「ネオ東京」が『AKIRA』の舞台です。

スポンサードリンク

 

『AKIRA』という漫画名ですが、主人公は金田正太郎で、暴走族の
リーダーをしています。赤いジャンパーに赤いバイクがトレードマーク・・
仲間からも一目置かれる存在です。

もう一人の主人公は金田の親友・島鉄雄で、金田が取り仕切る
暴走族のメンバーです。

鉄雄は金田のように強くなりたいと思っていましたが、
バイクの運転も、リーダーシップ力も金田には敵わないことを幼い時から
コンプレックスを持っていました。

ある日、少年たちがネオ東京の外にあるハイウェイで疾走している時、
爆心地の近くで鉄雄が白髪の子どもを撥ねてしまいます。

その子どもは軍の超能力研究機関から、反政府ゲリラによって連れ出された
超能力者だったのです。

そして、その子と接触した鉄雄は、後に超能力に目覚めるのでした。

力を持った鉄雄は以前のように気が弱く大人しい少年ではなく、
凶暴な性格となり、金田たちに反発するようになります。

そんな鉄雄をなんとか助けたいと思う金田・・・
ちょっと切なく、爽快でもあるストーリーです。

アニメ映画化、ゲーム化されている人気漫画です。

 

「ピーキー」の名言

「金田」の名言で『AKIRA』では有名な言葉ではないでしょうか。

ピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ

<画像© 大友克洋/講談社>

バイクへの愛と、自分への自信に溢れた金田の名言です。

金田のバイクは性能が極めて高く、自分だけが操縦できる過激なもの・・
お前にはこのバイクを操縦することはできないと言っています。

 

ちなみに、この名言はLINEのスタンプでも登場します。
「ピーキー過ぎるよ」って一体皆さんどういう状況で
スタンプするのでしょうか。気になります(笑)

<画像© 大友克洋/講談社>

 

「金田」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

健康優良不良少年(自称)で、バイクの運転は素晴らしい実力。
度胸ある走りを見せ、逃げ足も速いため、軍隊でさえも彼を
捕まえることはできない。人望が厚い暴走族のリーダー。

島鉄雄とは幼馴染で、よくイジメを受けていた彼を守るために
親友になった。

超能力に目覚めた鉄雄は他の暴走族のリーダーとなり、
そのチームとの抗争中に、金田は鉄雄に銃を向けるも

結局引き金を引くことができず、目の前で山形が殺されてしまう。

そのことを機に鉄雄への復讐心が目覚めるが、
ずっと幼馴染である彼やの情も持っているのだった。

 

【マンガの名言】

・この銃は引き金が軽いぜ…。

・ヨタヨタのジャンキーどもになめられてたまるかよ。
俺達ァ健康優良不良少年だぜ。

<画像© 大友克洋/講談社>

鉄雄が率いるクラウンと戦うために、仲間に指示をする金田のシーン。

その指示の中で言ったのがこちらの名言です、

・随分捜したぜ…タンポポ姉ちゃんよォ。

金田がサカキを見つけた時に言った名言です。

 

・射って来るなら来るって言え馬鹿野郎ォ。

いきなり警告無しでレーザー兵器が照射された時に言った言葉

<画像© 大友克洋/講談社>

・アキラはまだ俺達の中に生きてるぞ!

鉄雄とアキラがいなくなった後で、国連監視団に対していった名言です。

いなくなった仲間が心の中で生きている・・・金田の仲間思いなところが
かっこよくて、でも、ちょっと切なくも感じました。

<画像© 大友克洋/講談社>

 

【劇場用アニメ作品の名言】

・鉄男は俺たちの仲間だ。ヤツを始末するのは俺たちだ!

・何だよ、おめーは。葬式帰りか?

黒服の男が現れたシーンで言ったセリフです。


・”さん”を付けろよ、デコスケ野郎ぉ。

超能力を手に入れ、強気になった鉄雄が「金田」と
呼んだことに対して言った言葉です。

 

「キヨコ」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

・未来は一方向にだけ進んでいるわけではないわ。

 

 

「大佐」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

軍の責任者で物語の中で大きな存在の人物。軍やゲリラなどが乱れる中、
彼は固い信念でアキラの暴走を止めようとします。

厳格な性格の持ち主で仕事に対しての目標意識も高いため、
部下に対しても厳しい口調で怒りますが、人望は厚いです。

 

【マンガの名言】

・見てみろ…この慌てぶりを…。怖いのだ…怖くてたまらず覆い隠したのだ…。
恥も尊厳も忘れ…築き上げて来た文明も化学もかなぐりすてて…。
自ら開けた恐怖の穴を慌てて塞いだのだ…。

<画像© 大友克洋/講談社>

・学校では習いませんでしたからね。

根回しとか駆け引きすることが嫌いな大佐・・そのことを指摘された時に
言った名言です。確かに学校では、駆け引き術なんて教わりませんね笑

 

・科学者はロマンチストだ

・41号!待っていたぞ、この時を!!

・幕(フィナーレ)って事さ…。

・思い上がるな!
貴様ら科学者の実験のために何千万の人間の命を賭けられるか!

<画像© 大友克洋/講談社>

 

・このォ役立たずめらがァ。

スポンサードリンク

<画像© 大友克洋/講談社>

金田を逃がしてしまった部下に怒るシーンです。

「役立たずがぁ」はよくありますが「役たたずめらがぁ」はちょっと
珍しい表現じゃないですか^^?

 

・黙れ!言葉などいらぬ走れ!

・止めんかァ!

<画像© 大友克洋/講談社>

 

<画像© 大友克洋/講談社>

・…そうわしを責めんでくれ…。

<画像© 大友克洋/講談社>

偶然ネオ東京で再会した部下が大佐に「私も連れていって」と言ってきたシーン。
その時の大佐の回答がこれです。

 

【劇場用アニメ作品の名言】

・私の役目は信じるかどうかではない、行うかどうかだ。

キヨコの予知を信じるかとドクターに聞かれたときの答えです。

 

「山形」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

金田率いるチームの特攻隊長。義理堅い性格で、面倒見もいい。
超能力を得た鉄雄によってこの世を去る。
【マンガの名言】

・どーもこーもねーよ。今迄こんなにいきだおれを感じた事はねェぜ。

<画像© 大友克洋/講談社>

鉄雄が別の暴走族グループのリーダーになり、山形が怒っているシーン。
「いきだおれ」は「憤り」の間違えだと甲斐に訂正されてしまいます。

 

・そうだよ、よれだよォ、さすがだぜ、超納涼力ってんだ、
寒気がするってやつよ、知ってたか、やっぱり。

山形が鉄雄の異変に気づき、話しているとき言葉ですね。
「超納涼力」は「超能力」の間違えだと金田に訂正されてしまいます。

 

「島鉄雄」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

金田の幼馴染で、超能力に目覚め、世界を翻弄する。

幼い頃から金田に劣等感を抱いていて、凶暴な性格となった後は金田の命までも
狙うようになる。しかし、その後能力が暴走・・・制御できなくなり精神が崩壊していく。
【マンガの名言】

・判るだろう…科学と真理では次元が違うんだよ…。

・月などはいかがでしょうか…。

自分の能力をお披露目するとき、月を使っていいかアキラに伺うセリフです。

<画像© 大友克洋/講談社>

 

【劇場用アニメ作品の名言】

・これからは俺がお前を助けてやる。そん時は言いな、カネちゃんよぉ。

超能力を得た鉄雄が、助けにきた金田に言った言葉です。自信満々になっていますね^^;



 

・タコが陸で死んでるってぇ?

・僕は…鉄雄。

劇場版の最後を締めくくった鉄雄の名言です。

 

「竜作」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

反政府ゲリラのリーダーで、金田をグループに招きいれた本人である。

・ボーイスカウトが集まって…あとはキャンプファイヤーを待つばかりか…。

 

「ケイ」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

『AKIRA』のヒロインで、反政府ゲリラに属する少女。たまたま出会った金田に
ピンチを助けられ、共に行動を始める。

・秒読みなんかしないわよ。即答しなさい!

・あっ、カッコイイんだァ、これ。鍵が付いているとこなんか最高ォ。

金田に置き去りにされたケイが、バイクを拝借して彼を追うことにしたシーン。
確かにここまで良いタイミングで鍵付きバイクがあったら「最高ォ」ですね^^

 

「ミヤコ 」の名言

<画像© 大友克洋/講談社>

宗教を指導するおばあちゃん。アキラの力により失明するが、他人の視覚を
共有する力を持っている。
【マンガの名言】

・もはや…涙も出ぬか…。

・わ…わしは…まだ…楽には死ねんの…だ。

<画像© 大友克洋/講談社>

 

【劇場用アニメ作品の名言】

「ひえー、お助けぇー。」、「あ~れ~。」

橋が崩れるときに巻き込まれてしまい、落下するミヤコがいった言葉。
危機的状況なのに「あ~れ~」って・・・ミヤコのそういうキャラが好きです笑。

「ジョージ山田中尉」の名言

原作に登場するアメリカの工作員で、アキラを殺すために東京に潜入。
しかし仲間を失うこととなり、自分自身も逃げているところを竜に助けて貰う。

・良く来たな…ここが戦場だ。
ネオ東京に潜入して来たアメリカ兵との合流時にジョージ山田中尉が言った台詞。

<画像© 大友克洋/講談社>

スポンサードリンク