『クレヨンしんちゃん』名言集-感動・努力・映画・友情・ひろし・面白い


漫画アニメの名言集
『クレヨンしんちゃん』の名言集をご紹介します。

あらすじ

日本一有名な幼稚園児「野原しんのすけ」とその両親である
「野原ひろし」「野原みさえ」による日常を描いた物語です。

スポンサードリンク

ズボン脱いで「ぞうーさん、ぞうーさんー」とかやっている場面も多く
子供に見せたくないアニメとして扱われたこともありますが

実は人生の本質を考えさせられる名言が数多くあり、
教育アニメとして見ることもできる名作です。

 

「感動」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

・しんのすけ。父ちゃんが人生で一番幸せだと思ったのは、
お前とひまわりが生まれた時だ。

ひろしの名言です。シンプルでありながらとても深い愛情に心を打たれますよね。

・家族だから幸せなんじゃない!野原家だから幸せなんだ!
俺とみさえとしんのすけとひまわり、この4人で幸せを作ってるんだ!

家族というものについて考えさせられます。
4人に1組が離婚と言われる時代。。。ひろしのような考え方ができたら、
もう少し幸せな家族が増えるのかもしれませんね。

<画像©臼井儀人/双葉社>

 

「努力」の名言

・数の子を買う金を稼ぐのに俺がどれだけ会社で働くのか知ってんのか!?えーっ!

・「会社で働く」「家族サービス」「両方」やらなくっちゃあならないってのが
「父親」のつらいところだな。

ひろしの父親としての努力が素直に伝わってくる名言です。

 

「友情」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

・違うよ。おまえはオラの友達で、救いのヒーローなんだ。

しんのすけの名言。自身の発案したぶりぶりざえもんとのやりとりでの一幕です。

・いたいのいたいの 風間くんのところにとんでけー!! byしんのすけ

・マサオ君ってホントに親切。ホントにいい人。もしオラが女だったら
マサオ君とは絶対結婚しない byしんのすけ

これもしんのすけなりの「友情」です。
友達に対する接し方がとにかく面白いんですよねー。

 

「面白い」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

個人的に特に面白いと思った名言です。
というか、本当に面白いものが多いので、選ぶの相当迷いました。

・へえー静岡出身なの? 奇遇だねオレ秋田 byひろし

これでつかみはOKって感じですね笑

・ふたりめができたら冷たくなったな オラのこと遊びだったんだな byしんのすけ

しんちゃんの大人ぶった名言で特にキラリと光るものです。

・オラのだいじなクツ返せーっ!! ナイキのエアマックスのとなりで
売られていたふつうのクツーッ! byしんのすけ

しんちゃんの独特な感性が伝わってくる名言(迷言?)ですよね。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・もったいねー飲み方すんじゃねーっ!!

ウチの亭主なんか安い酒チビチビ飲んでるんだぞーっ!! byみさえ

ヒロシには良いことが起きて欲しいですよね・・。

 

「映画」の名言

・つらいときには、笑っちゃえ!

こちらは映画「ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者」で、父・ひろしの台詞です。
前向きで、とっても大らかなひろしらしい名言ではないでしょうか。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・オレの勤続15年を祝ってくれたんだな

・なんでもプラス思考!それがオレたち野原一家だろ?

ひろしは映画「嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾」で沖縄旅行に行った時も、
プラス思考ぶりを発揮しています。

父親がポジティブだと、笑いが耐えない家になるのかもしれませんね。

 

・オレたちは世界を守るヒーローなんかじゃない!
子どもたちに未来を生かしてやりたいと思っている父ちゃんだ!

映画「伝説を呼ぶ ブリブリ3分ポッキリ大進撃」では
正義のヒーローになったひろしが、まずは自分の子供のヒーローになろう、
と気づいたシーンですね。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・押しつけることがしつけじゃねぇんだ!自分からやらなきゃ意味がねぇんだよ!

映画「ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん」で語った育児方針です。
世の中の父親にも、ぜひ参考にして欲しい理想の父親像です。

<画像©臼井儀人/双葉社>

 

「野原ひろし」の名

<画像©臼井儀人/双葉社>

普段はだらだら過ごしているが、しんのすけに遊ぼうと言われると
喜んで一緒に遊んであげたり、ときにはしんのすけをきちんと諭したりと
要所要所でポイントをおさえた行動ができる、立派な父親です。

禁煙もなかなかできずに、一日で挫折したりしていましたが
みさえの出産が近づいてきたことを期に禁煙し、今はきっぱり止めています。

ごく平凡なサラリーマンであり、何か秀でたものがあるわけではないのですが
よく理想の父親としてあげられることがあるのも、しんのすけやみさえに対する
接し方からそう皆が感じるんだと思います。

 

子供たちへの思い

ひろしは本当に子供に対する愛情に満ち溢れています。
こういう姿が理想の父親だと言われるひとつの理由なんだと思います。

・しんのすけ、父ちゃんに何かあったらひまわりのことを守ってやってくれよ。
頼んだぜ、お兄ちゃん

・ひまはまだ小さいからみんなが守ってあげなきゃダメなんだ。
オマエもそうやって大きくなったんだよ。

・しんのすけのいない世界に未練なんてあるかよ!!

・しんのすけ!命が大切なんじゃない!お前が大切なんだ!

<画像©臼井儀人/双葉社>

 

奥さんへの思い

みさえに対して感謝の心を忘れなかったり、きちんと愛してると伝えたりするなど
父親としてだけではなく、夫としてもひろしはとてもカッコイイです。

・一人の女をずっと愛せるなんてカッコイイじゃねえか。
それを馬鹿にする奴らなんか気にするな

みさえを愛していますが、こんなことも言っちゃいます。。

・妻を選ぶのはネクタイを買うのとよく似ている。選んだ時は素敵に見えるが、
家に帰って首に締めてみるとがっかりする。

・俺だって結婚した当初はみさえがオードリー・ヘップバーンに見えたもんだが・・・
これが驚き、コッペパーン・・・。

<画像©臼井儀人/双葉社>

 

家族への思い

・オレは今が幸せなんだ!家族の笑顔を見るのが一番幸せなんだよ!
オレの幸せをバカにするな!!

・俺は、家族と一緒に未来を生きる!!

・オレの人生はつまらなくなんかない・・・
家族がいる幸せを、あんた達にも分けてあげたいくらいだ!

・でもオレ 今 家族とたのしくワイワイ笑ったり時にはケンカしたり このまま
ずーっといっしょに 元気で暮らすことが夢といえば夢かな オレ 今
その夢のためにいっしょうけんめい働いてるよ けっこう たのしい

・そうだよな、ツイてるとかツイてないとかそんなの関係ないよな!!
でも俺の人生で一番の幸運はみさえと出会って家族を持ったことかな

家族への思いが伝わる名言多数で、見ていて心がじんわりしました。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・何が計画通りだ! 計画通りいかないから人生なんだ!よく覚えておきやがれ!

・見えないところで友人のことを良く言ってる人こそ信頼できる。

・弱い者ほど相手を許す事ができない。許すということは、強さの証だ。

ヒロシのたまに見せる物事の本質をついた名言です。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・俺の靴下はジャスミンの香り

・心配すんな 最近ママとのプロレスごっこも飽きたから

・おいおいウンコ食ってる時にカレーの話すんな

・く 来るかっ オレは中学時代 空手部部員と友達だったんだぞ!

こちらは単純におばかな名言(迷言)です笑

・オレは 君が思っているようなカッコイイおじさんなんかじゃない
あの時オレのカバンがグーゼンちかんに ぶつかっただけだ だから
オレの事はわすれなさい オレ ほんとに勇気あるおじさんになるよう
ガンバルから 君も勉強ガンバレ!! 家族を愛するふつうのおじさんより

これぞ本当の「いい男」。ヒロシのかっこよさに心を打たれます。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・しんのすけ「今日はたいくつさせないぜ」
ひろし「お前が生まれてから退屈はしてねーよ」

確かに、しんのすけが1人家にいると退屈知らずでしょうね。。

言葉から感じられるしんのすけへの愛情に心あたたまる名言です。

・自分の子供にくたばれって言う親がどこにいる!
親は子供に生き抜けっていうもんだろうが!

・今、俺たちの息子が少し大人になったところだ

・いつか無くなるものを求めちゃだめなんだ。無くなるものは、求めるためではなく、
そいつで遊ぶために、この世にあるんだから

たまに見せる非常に深い名言です。

・ああ女房や親にも見せたことのないいなりずしの裏側も見られているのか

・きっと最後の力を振り絞って、しんのすけにお礼が言いたかったんだよ

・夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・女に懲りるのは一度でたくさん。誰もがそう思いながら、二度三度と繰り返す。

・男にとって今日一日だけの浮気心にすぎないものに、女はその一生を賭ける。

・結婚はすばらしいことだが、結婚生活という習慣をつけたことは誤りだと思う。

ヒロシの結婚感・女性感が伝わってきますよね。。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・運命みたいなものをさ、「これでいいのだ」って思うか?
それとも「これでいいのか?」って疑うか?

これ、なかなか哲学的な名言です。
後者が正しいという言葉に見えるのですが、実はどちらも正解なのではと思います。

・自分一人ででかくなった気でいる奴はでかくなる資格は無い

・屁をする時は音を出して堂々としろ。
スカシッぺってのは卑怯者のする屁だ。覚えとけ

<画像©臼井儀人/双葉社>

スポンサードリンク

・正義の反対は悪なんかじゃないんだ。正義の反対は「また別の正義」なんだよ

世の中から戦争がなくならない理由は正にこれです。
それをヒロシは見抜いているんだと思います。やはり本質が分かる男なのでしょう。

 

「野原しんのすけ」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

野原家の長男。永遠の5歳児。嵐を呼ぶ幼稚園児であり
日本を代表する幼稚園児ともいえます。

普段はおバカなことばかりしていますが、みさえが本当に大変なときは手を差し伸べたり
シロが惚れた女のわんちゃんがひき逃げされたときは一緒に泣いたりと
心根は非常にやさしくデリケートだったりします。

おバカの世界のトップアスリートともいえるかもです笑

・この御恩は、忘れるまで忘れません

・忘れるまでは覚えておくよ

そりゃそうだ!と思わず納得しました笑。
しんのすけの言葉って、よくよく聞いてみると、子供とは思えない
賢い要素が含まれているのが多いですよねー。

画像©臼井儀人/双葉社>

・悪いことをした時はごめんなさいって言うんだゾ。幼稚園じゃみんなそうしてるゾ

大人びているようで子供らしい可愛さをもったのがしんちゃんですよね。

この名言は実社会の大人たちに向けたメッセージだと思いました。
悪いことをしちゃったとき、子供の方が素直にごめんなさい出来ている気がします。

・話を聞かないで疑う、大人の悪い癖ですな

確かにそうですなー笑。これはとても分かる気がします。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・女心とあき竹城の3サイズはわかんないよね

・成せば成る 洗えば食える 何物も

・だめだ やおやさんをほめて紅葉のかざりをもらう作戦だったけど
ほめるところがないや

・うんこまみれのざりガニ 略してうんざり

<画像©臼井儀人/双葉社>

・わかったオシッコがまんする そのかわりうんこ

我が家にもちょうど5歳の男の子がいますが、おしっこを我慢して欲しい
場面でこれを言われると、絶望ですね^^;

・おまえ、逃げるのか?えらいんだろ?
なのに逃げるなんて許さないぞ!(戦国しんのすけ)

・義理がたいヤツなんだねせーりつーって

・正義の味方はかっこいいんだぞ!強いんだぞ!
ワルモンなんかに負けないんだぞ!今はやられてても、絶対最後は勝つぞ!

<画像©臼井儀人/双葉社>

・シロも家族!!父ちゃんがいて、母ちゃんがいて、オラがいて、ひまがいて
シロがいて… シロもオラんちの家族! 野原シロなんだゾ!

・母ちゃん死なないでー!!おら母ちゃんの言うこと全部聞くから死なないでー!

家族が大好きなしんのすけ。

・・・ところで、しんのすけという名前の由来を知っていますか?

ひろしがいくつか名前の候補を書いた紙をポケットに入れているときに
産婦人科より連絡を受けて、土砂降りの雨の中を傘もささず走って病院に向かいます。

そして、無事に息子と対面したときに、名前の候補を書いた紙を
ポケットから出してみるとずぶ濡れ・・・。

だけどいくつか読める文字が残っていました・・・「しん」「の」「す」「け」
変な名前と2人で笑うも、そのまま名づけられました。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・オラ、父ちゃんや母ちゃんやひまわりやシロともっと一緒にいたいから……
ケンカしたり頭に来たりしても一緒がいいから。……あと、オラ大人になりたいから!
大人になって、おねいさんみたいな綺麗なおねいさんといっぱいお付き合いしたいから

家族も好きですが、女の子も大好きですよね。
しんのすけが大人になった時、どんなナンパ師になるのか見てみたいです。

・乳首にホクロのある男は好きな女にだまされる…

・まつざか先生とうとうクビになったのか 化粧濃かったからなァ

・今の世界じょーせーを見ても子供たちが夢を持てるじょーきょーじゃないからね

・自分を犠牲にしてでも他人を助けるのが人間の愛なんでしょ?

<画像©臼井儀人/双葉社>

 

「野原みさえ」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

子育てに対して信念をもっており、わが子を信じています。
その真摯な子育ての姿勢に心を打たれることも多いです。

また、夫であるヒロシへの気遣いもきちんとしています。
短気な性格ではありますが、妻として夫を気遣う立派な女性です。

・家族は誰がかけてもダメなんだから

・あんたなんかどれだけそっくりに化けたってしんのすけの方が
何十倍も、何百倍も、何千倍も、何万倍もカッコいいんだからーっ!

わが子への愛情、家族への愛情が伝わってきます。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・よそのママはよく見えるの!!

ものすごく共感です!!隣の芝生は・・・。よそのパパも、とてもよく見えちゃいます。

・わかったわよ!私も行くわよ!
しんのすけに会えるんなら戦国時代でもどこでも行ってやろうじゃないの!

・うちに生まれてきてくれてありがとね

・あなたには分からないかもしれないけど、親っていうのは
子供のためなら何だってできるのよ!

母親の深い愛情。みさえは短気でおこりんぼうですが、
子供への愛情と真摯な姿勢は見習うところがたくさんあります。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・ダメよ パパはローンと税金の話すると
落ち込んじゃうんだから元気づけてあげなさい

・おのれもうぜったい許さん!!
ケビン・コスナーつれてきたってこんりんざい許さーん!!

・あんたは・・・駄目な子・・・なんかじゃない

みさえのような母親が増えると、日本も良くなるかもですね。

<画像©臼井儀人/双葉社>

・いいわよこのおもちゃの散らかし方、男らしい。豪快

これはなかなか言えない台詞です。。
「片付けなさいー!!!!!!」が日課のママの方が世の中には
多いでしょうね笑。

 

「ぶりぶりざえもん」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

ぶりぶりざえもんは、しんのすけが発案したヒーロー。
上半身ハダカの豚さんですが「救いのヒーロー」なんです。

・私一人だけではだめだ、三人揃って・・しんのすけを裏切り相手側に寝返る

・私は常に強い者の味方なのだ

ん??強い味方・・・・なのか??

・救い料10億万円 クレジットも可

・なんかくれれば助けてやる 私は救いのヒーローだからな

・馬鹿!…こういうときは、うそでも『うん』って言うもんだ!…じゃあな…!

<画像©臼井儀人/双葉社>

・また こんな景色見られるかな

・いいってことよ、これも人助けだ

・ん、なんで私を見るのだ?貴様らパートナーであるこの私を食べようと
言うのか?!屑だ!そんなヤツは人間の屑だ!!この豚野郎!!

しんちゃんの発案らしく、発言も似てますよね笑

 

「園長先生」の名言

<画像©臼井儀人/双葉社>

・自分の心に嘘をつく人はふたば幼稚園の先生をする資格はありません。
素直な気持ちの持ち主が子供の心を育てられるんじゃないですか

・待ちましょう まつざか先生が立ち直ってくれることを信じて!

<画像©臼井儀人/双葉社>

幼稚園の園長先生って、良いことを言う人多いですよね!!

 

「まつざか先生」の名言

・ありがとボーちゃん…でも今すぐ結婚はできないわ
あと15年したらも1回プロポーズに来て

<画像©臼井儀人/双葉社>

15年後はしんのすけは20歳・・・・
オバサンになって、そんな若い男の子と結婚できたら最高でしょうねー笑。

・おあいにく様 安月給でハナたれクソがきがいっぱいいるビンボーよ
ようち園でクタクタになって働いてるそんな自分がけっこう好きなのよ

・しっかり勉強してはやく親孝行しな!!

・ひとりで責任背負ってかっこつけんじゃないよ!!
先生はあんたひとりじゃないのよ!!

自虐的な発言が多いですが、たまにはびしっと締める名言も発します。

 

その他、名言

・さっきは『閉店後のスーパーのおそうざい』なんて失礼なこと言って
ゴメンなさい…まつざか先生は閉店後の百貨店の高級ブランド品です by上尾先生

・パッとしねえのはてめえの根性なんだよ! 帰りたきゃ 相手を傷つけず
さりげなく帰りなっ それが合コンの作法ってもんじゃねえのかい! by上尾先生

<画像©臼井儀人/双葉社>

・こんなムチャな事はジャッキー・チェンに任せときゃいーのよ byよしなが先生

・いいかげんにしろ!! 今すぐケンカやめねぇとケツの穴に
ダイナマイトぶちこんだるぞてめーら byよしなが先生

<画像©臼井儀人/双葉社>

・人間 顔じゃありませんよ キムタクの顔はきれいだけど3日で飽きるわ
でもあなたの顔は30年たった今でも飽きないわよ by園長婦人

こんなとこでも美男子のシンボルといえばキムタクなんですね。
園長婦人も実際にキムタクに会ったときに同じことが言えるかなぁ・・て思いました笑

<画像©臼井儀人/双葉社>

・例え 1日中パジャマを着てたとしても心は常に ブランドを着ていたい byむさえ

なんか矛盾しているような面白い名言だと思いました笑。

・ぎゃああっ! 死んでやるうう! コタツを『強』にして熱死してやるう! byよしりん

・えーっ!? 赤ちゃんがみどりを産みそうなんですか!? すぐ行きます! by石坂さん

・今朝はクソの出が絶好調でシリも1回で拭き取れて気分がいいんスよ!! by鬼瓦築造

なんかばかみたいな発言に見えますが、よくよく考えると
健康のバロメータを適切に評価しているようにも聞こえてきます・・・。

ただ普段の生活で使おうとは思いませんけどね笑

 

お下品なイメージも強い漫画ではありますが、
しんのすけファミリーは素敵で、家族愛に溢れた心温まる物語です。

こんな家庭を築きたいと思っている人も結構多いのではないでしょうか。

<画像©臼井儀人/双葉社>

スポンサードリンク