『銀河英雄伝説』名言集-ミッターマイヤー・ラインハルト・ヤン・ロイエンタール


漫画アニメの名言集
『銀河英雄伝説』の名言集をご紹介します。

あらすじ

数千年後の世界が舞台です。
宇宙空間に進出した人類は二分割されており、
独裁者ルドルフによる銀河帝国と民主主義を掲げる自由惑星同盟です。

スポンサードリンク

その国同士は100年以上もの間対立を続けていましたが
それぞれの国に誕生した二人の天才によって状況が変わります。

戦争の天才であるラインハルトと黒髪の魔術師ヤン・ウェリー。

この二人の英雄を中心に物語は展開されます。

 

会議で使いたい名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・会議が終わるまで外に出ておれ

・卿らの討議も、長いわりに、なかなか結論がでないようだな

オーベルシュタインの名言です。

長いわりに結論が出ない会議ってまさに今のビジネス世界で
課題視されているものですよね。

ちゃんと現実を取り入れているんだなぁと感じました。

・目前に急務があるわけだから、まずそれを片付けよう。
夕食の用意ができてもいないのに、明日の朝食について論じても始まらない

・それは正論だ。だが、正しい認識から正しい行動が生み落とされる
とはかぎらないからね。

・予定通り事が運ぶことは、めったにありませんよ。
といって予定をたてないわけにも行きませんしね

・正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に初めて成立する

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

ヤン・ウェンリーの名言です。

さすが天才と思えるようなポイントをついた名言のみです。

言われてみると当たり前ですが、実際に行動に移すことが難しいですね。

 

・君は何か誤解しているのではないか。私の権限は手順を守らせるところにあるので、
手順を破るところにはない。 byクブルスリー

・新しい技術と言うわけでもない。スケールを大きくしただけのことだろう。
それも、どちらかというと、あいた口がふさがらないという類だ byワルター・フォン・シェーンコップ

・黙れ下衆! byロイエンタール

・露骨過ぎるな、その表現は。あらゆる布石を惜しまぬとしておこうか。byロイエンタール

 

・百戦して百勝というわけにもいくまい。いちいち陳謝は無用である byラインハルト

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

こちらは帝国の天才ラインハルトの名言です。

ヤンに負けず劣らずの本質をついた言葉ですよね。

言われてみれば当たり前かもですが、あらゆる確率は
真に100%でない限りは必ず負ける・外れることがあります。

何事も勝負事で100%ってのは存在しないはずなので
常に負けることを意識した戦術や意識が必要です。

ラインハルトが言いたかったのもそんなことなのかなぁと思います。

 

・卿は善戦はした。だが、単にそれだけのことだ。
何の実りもなかった byカール・グスタフ・ケンプ

・何と言われてもかまいませんよ、成功さえすればね byユリアン・ミンツ

・それは高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処することに
なろうかと思います byアンドリュー・フォーク

 

・いけませんな、ご自分で信じてもいらっしゃらないことを
他人に信じさせようとなさっては

・よくできた話だが、ストレートすぎますな。
すこし甘くて八〇点というところですか

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

シェーンコップの名言です。

自分で信じていないこと、もしくは自分に出来ないことを
他人に求めるってだめだよなぁって当たり前かもですが

親が子供に勉強しなさいっていうときって
実はそれに近いのかなぁって思ったりもします笑

 

「ミッターマイヤー」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

ラインハルトに最も信頼された若き勇士です。
ロイエンタールとは親友であり、帝国軍の双璧と呼ばれます。

正義をとても重んじる信条の持ち主です。

・あなた、ウォルフ、わたしはロイエンタール元帥を敬愛しています。それは、
あの方があなたの親友でいらっしゃるから。でも、あの方が
あなたの敵におなりなら、わたしは無条件で、あの方を憎むことができます

大切に思う人と同化したいという気持ちが痛いほど伝わってきます。
一度でいいからこんなこと言われてみたいですよね。

・ヤン・ウェンリーは死んだ。民主共和政の最大の擁護者であり、
ただひとりの例外を除いてこの五世紀で最高の、そして最大の軍人だった。

最大限の敬意を払った名言です。

 

「ラインハルト」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

帝国の天才で「常勝の英雄」と呼ばれています。物語の2大英雄の1人です。

・誰も彼も、敵も味方も、皆、予を置いて行ってしまう!
なぜ予のために生き続けないのか!

・ひとりの貴族が死んで一万人の平民が救われるなら、
それが予にとっての正義というものだ。餓死するのが嫌なら働け。
平民たちは五百年間そうしてきたのだからな。

 

・もし姉上に危害を加えるようなことがあったら、へぼ詩人め、
痛覚を持って生まれてきたことを後悔させてやる。
人間としてこれ以上考えられないほど残酷に殺してやるぞ。

どれもラインハルトらしさが伝わってくる言葉ですよね。。

痛覚を持って生まれてきたことを後悔ってフレーズは初めて耳にしましたよ。。

 

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・私を倒すだけの自信と覚悟があるなら、いつでも挑んできてかまわないぞ。

・わが皇帝よ、あなたは私に過分な地位と権力を与えてくださるが、何を望んでおられるのか。私が単に忠実で有益な覇道の歯車であれば、それでいいのか。

・運命?運命などに俺の人生を左右されてたまるか。 俺は俺の長所によって成功し、
自分の短所によって滅びるだろう。 全て、俺の器量の範囲内だ

こういう考えを持って生きていける人って幸せでしょうね。

成功するも失敗するもすべて自分次第。人のせいにはしない。
端からみるとしっかりと自分をもった人に見えるが実際のところは孤独なのかも。

・蒙昧にして臆病なる貴族たちよ 実力に伴わぬ自尊心など捨てて降伏するがよい
命を助けてやるばかりか 無能なお前達が生きていくのに 困らぬ程度の財産も残してやる
先日、リッテンハイム候はその卑劣な人柄にふさわしく 惨めな最後と遂げた
同じ運命をたどりたくなければ ない知恵を絞って考えろ

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・陰気で消極的なビッテンフェルト、女気なしのロイエンタール、饒舌なアイゼナッハ、
浮気者のミッターマイヤー、無教養で粗野なメックリンガー、居丈高なミュラー、皆、
彼ららしくない。人それぞれ個性というものがある。

・あいつらは今日の地位を自分自身の努力で獲得したのじゃない…権力と財産を
ただ血がつながっていると言うだけで親から相続して、それを恥じらいもしない
恥知らずどもだ。あんな奴らに支配されるために、宇宙は存在するんじゃない

今の政治家や二世政治家を暗に批判しているともとれる名言です。
でも、とても納得感ありますよね。

 

「ヤン」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

同盟軍の天才です。後に多くの民間人を救い若き英雄となります。

ラインハルトと並び、物語の2大英雄の1人です。

・いわなくて後悔するよりは言って後悔するほうがいい

とても良い言葉ですよね。

言わずに、もしくは実行せずに後悔するなら、
実際に行動して後悔するほうが気持ちもすっきりするし
その後悔から学ぶことができます。

行動しないで得することって、本質的には存在しないのかもです。

・この国は自由の国です。起立したくないときに起立しないで良い自由があるはずだ。
私はその自由を行使しているだけです。

・大丈夫だよ。無理するのは私の趣味じゃない。心配してくれてありがとう

・まったく なまじ地位が上がると 人間はどんどん不純になっていくねぇ

・自由惑星同盟にいささか深く関わりすぎた 給料出してくれる相手には
それなりの義理を果たさないとね

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・思うのは自由だが、言うのは必ずしも自由じゃないのさ。

ヤンらしい、これも本質をついた名言ですよね。

 

・敵をへらし、敵にとっての敵(あえて味方とはいわぬ)をふやすこと。
すべては相対性の問題である。総合力において相手を上回ること。
とくに情報の質と量に留意せよ。

・ここは敵が引いた隙に できるだけ遠く逃げるのが得策だ
この闘いは無意味だからね 生きのびるのが先決だ

・ユリアンには自分の運命を動かしていけるだけの 選択肢をたくさん持ってほしいんだ

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・抵抗できない部下をなぐるような男が、軍人として称賛に値するというのなら、
軍人とは人類の恥部そのものだな。そんな軍人は必要ない。少なくとも、私にはね。

・他人がこんなことをしたら、バカに違いないと思うだろう。だけど、
私は結局こんな生き方しかできないんだ

・信念とは、あやまちや愚行を正当化するための化粧であるにすぎない。
化粧が厚いほど、その下の顔は醜い。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・生きるとゆー事は、他人の死を見ることだ・・・

生きることの辛さをシンプルに表現していますよ。

先に逝く人よりも残された人の方が辛かったりしますよね。

・私が嫌いなのは、自分だけ安全な場所に隠れて戦争を賛美し、愛国心を強調し、
他人を戦場に駆り立てて後方で安楽な生活を送るようなやからです。

・ペンは何百年も前の独裁者や何千年も昔の暴君を告発することができる。
剣をたずさえても歴史の流れを遡行することはできないが、ペンならそれができるんだ。

・専制とは市民から選ばれない為政者が権力と暴力によって
市民の自由を奪い 支配することだ。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・いや、私はそれほどロマンチストじゃないよ。私が今考えているのは、
ローエングラム公のロマンチシズムとプライドを利用していかに彼に勝つか、
ただそれだけさ。じつはもっと楽をして勝ちたいんだが、
これが今回は最大限、楽な道なんだからしかたない

・人間は死ぬ。恒星にも寿命がある。宇宙そのものですら、いつかは存在をやめる。
国家だけが永遠であるわけがない。巨大な犠牲なくしては存続できないような国家なら、
さっさと滅びてしまって、いっこうにかまうものか・・・

・妙なものだな 味方の政治家より 敵の将軍に好感を持てるなんて

・軍人というのは敵を殺し、味方を死なせ、他人を騙したり出し抜いたりすることに
明け暮れるろくでもない商売だ

・偉人だの英雄だのの伝記を、子供たちにおしえるなんて愚劣なことだ。
善良な人間に、異常者をみならえというも同じだからね。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・ハードウェアに頼って 戦争に勝ったためしはない

・いいか、ユリアン、誰の人生でもない、お前の人生だ。
まず自分自身のために生きることを考えるんだ

・私は 流した血の量に値するだけの何かをやれるのだろうか?

・国家が自ら定めた法にそむいて個人の権利を侵そうとした時、
それに盲従するのは市民としてはむしろ罪悪だ。なぜなら民主国家の市民には、
国家の侵す犯罪や誤謬に対して異議を申し立て、
批判し、抵抗する権利と義務があるからだよ

スポンサードリンク

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・権力者と市民が対立したとき、軍隊が市民の味方をした例は少ない。それどころか、
過去、いくつもの国で、軍隊そのものが権力機構と化し、暴力的に民衆を支配さえしてきた。

ナチスしかり、歴史がこの言葉の真実を物語っていますよね。。

・政治の腐敗とは 政治家が賄賂を取ることじゃない それは政治家個人の
腐敗であるにすぎない 政治家が賄賂を取っても
それを批判できない状態を政治の腐敗と言うんだ

これもなかなか考えさせられる名言です。

・軍事力は民主政治を産み落としながら、その功績を誇ることは許されない。
それは不公正なことではない。なぜなら民主主義とは力を持ったものの自制にこそ
神髄があるからだ。強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ。

・私は シェーンコップを信じる これはこの作戦の大前提だ だから最後まで
信じてみることにするさ

 

「ロイエンタール」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

戦いでの戦略能力が非常に高い、
黒い右目と青い左目が特徴のイケメンさんです。

浮気性でもあったりします。。

・女ってやつは、雷が鳴ったり風が荒れたりしたとき、何だって枕に
抱きついたりするんだ? だったら俺に抱きつけばよかろうに、どうして枕に抱きつく?
枕が助けてくれると思っているわけか、あれは?

かっこいいような、そうでないような・・でも印象に残る言葉です。

・貴様は司令長官の正論を封じるに、自らの見識でなく、皇帝陛下の御名を
もってしようというのか。虎の威を借るやせ狐めが!

・おれは良い部下を持ったものだ。武器を持たぬ民衆に発砲するなど、
勇気と義侠心のない人間には、とうていできぬことだからな。

・貴族とは制度化された盗賊のことだ、とまだ気づかないのか。
暴力で奪うのは悪だが、権力で奪うのはそうではないとでも思うのか。

とても本質をついた言葉です。

見てわかりやすい暴力に対しては誰もが拒否反応をしめして
批判しやすいですが、権力という目に見えないものは見過ごしがちですよね。

・奴らの時代は終わった。これからは、おれたちの時代なのだ

 

「ビュコック」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

宇宙艦隊の司令長官です。ヤンのことを高く評価しています。

・貴官は自己の才能を示すのに弁舌ではなく 実績をもってすべきだ!
他人に命令するようなことが 自分にはできるかどうか やってみたらどうだ!

・人間が年齢の順に死んでゆくのが、まともな社会というものだ。
わしのような老兵が生き残って、少年たちが死ぬような社会は、どこか狂っとる

・後日、恥じ入ることがなければ良いがな。お前さんたちは大樹の苗木を見て、
それが高くないと笑う愚を犯しているかもしれんのだぞ

 

「オーベルシュタイン」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

宇宙艦隊の総参謀長です。どちらの目も義眼です。

・良い上官とは部下の才幹を生かせる人をいうのです。現在の帝国軍にはいたってすくない。だがローエングラム伯はちがう。お若いに似ず大したお方ですな。
門閥意識ばかり強い大貴族どもには理解しがたいでしょうが

・光には常に影が付き従う。光が陰れば影もまた・・・

 

「キルヒアイス」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

ラインハルトの親友であり、腹心だったのですが
暗殺者に襲われたラインハルトを庇い、その若き生涯に幕を下ろしました。

・形式というのは必要かもしれませんが バカバカしいことでもありますね

関わるだれもが意味もわからずに、形だけにこだわることがありますが
それほど馬鹿げたことはないですよね。

・敵として これほど恐ろしい相手を知りません しかし・・・
友とできれば これに勝るものはないかと・・・

・ラインハルト様は 前面にヤン提督 後背に門閥貴族と 2つの強敵を抱えておいでです
この上 部下の中にまで 敵をお作りになりますな

 

「アッテンボロー」の名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

ヤンの学校時代の後輩であり、後退戦のプロです。
革命的な思考を持ち合わせている人物です。

・皇帝の人事にもあきれるが、それよりこの男こそ驚異だな。内心はどうか知らぬが、
表面だけにせよ、よくまあ笑っていられる。トリューニヒトという野郎、
おれたちが考えていたより、はるかに化け物じみた男らしいな。

 

その他、名言

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・まったく、何だって、おれひとりがこんな苦労をせねばならんのだ!?
どいつもこいつも、おれに頼りやがって。すこしは自分たちで骨をおって他人に
楽をさせてやろうって気にならんのか! byトパロウル

・独裁者と言う名のカクテルをつくるには、たくさんのエッセンスが必要でね。
独善的でもいいからゆるぎない信念と使命感、自己の正義を最大限に表現する能力、
敵対者を自己の敵ではなく正義の敵とみなす主観の強さ、
そういったものだが、あんたにもそのあたりは分かるだろう byホワン・ルイ

 

・我が艦隊の辞書には迂回とか後退とか、まどろっこしい言葉は載っておらん

・進め!進め!勝利の女神はお前らに 下着をちらつかせているぞ!

フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトの名言です。
女神様の下着でみんなを進ませようとするとは・・・・(笑)

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・どんな組織でも機械でも、運用するのはしょせん、人間だ。上位に立つ者の才幹と
器量次第で、虎が猫にもなりその逆にもなる。虎の牙がどちらを向くか、
これもまた猛獣使いしだいだ byルビンスキー

・私は前面の有能な敵、後背の無能な味方、この両者と同時に戦わなくてはならなかった。しかも私自身ですら全面的にはあてにならなかった。 byクリストファー・ウッド

・ブラウンシュバイス候は不運な人かもしれない だが その人に
未来を託さねばならないのは もっと不運ではないのか!? byベルンハルト・フォン・シュナイダー

・月日を自分で培わねばならないとしたら、わたしはあの人の築いた土台に、
埃以外のものを1ミリでもいいから積み上げたいわ

・りっぱですって?わたしは、りっぱなんかじゃないわ。真実を言うとね、
わたしは民主主義なんか滅びてもいいの。全宇宙が原子に還元したってかまわない。
あの人が、私のそばで半分眠りながら本を読んでいてくれたら…

・残されたものがここで挫折してしまったら、テロによって歴史は動かない、
というあの人の主張をわたしたちの手で覆してしまうことになるわ。
だから、分不相応を承知で、私は義務を果たすつもり。

・天上が存在するとしたら、あの人、ビュコック元帥にお目にかかって
頭の下げっぱなしでしょうね。元帥から後事を託されたのに、
半年もたたないうちにのこのこ後をついていって仲間になりたがるんだもの…

フレデリカ・グリーンヒル・ヤンの名言です。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・敵の人為としかしか見えぬ動きには 必ずやウラがある
断じて 出撃はならぬ! byウィリバルト

日常生活でも、意図的で少し違和感のある動きなのに中々気をおくことができず、
時折きづかずにスルーしてしまうこともありますよね。

ましてや戦闘の最中だと尚更です。

・そもそも宗教と言うのは、権力者にとっては便利なものさ。人民の味わう
すべての不幸が、政治制度や権力悪のためではなくて、
彼ら自身の不信心のせいだと思いこませれば、
彼らは革命を起こそうなどと考えないだろうからな。

・宗教一般について言えば、貧乏人が神の公正さを信じるなんて、
ひどい矛盾だと思います。神が不公正だから、貧乏人がいるんでしょうに。

グリーンヒル大将の下で、参謀を務めたボリス・コーネフの名言です。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

・あなたは今の同盟の権力体制が いかにダメなものであるか骨身にしみて
知っている  それなのに全力を挙げて それを救おうとする
これも大いなる矛盾ですな

・「泣いて馬謖を斬る」か、ふん。自分が犠牲にならずにすむなら、
いくらだって嬉し涙が出ようってものでしょうな。

・仲良くするのだったら、一世紀早く手をつないでおくべきでしたな。
どだい、相手が実効的な権力を失って逃げ出してきてから仲良くしようなんて、
間の抜けた話じゃありませんか。

・なるほど、言論の自由は思想の自由よりテリトリーが狭いというわけですか。
自由惑星同盟の自由とは、どちらに由来するのですかな。

・提督 これは戦闘と呼べるものじゃありませんな 一方的な虐殺だ!

・せっかく軍隊と言う牢獄から脱出しながら、結婚と言うべつの牢獄に志願して入るとは、あなたも物ずきな人ですな。

・皇帝ラインハルトは、ええかっこをするのが好きだからな。
ヤン提督が生きている間でさえそうだった。まして彼が亡き今、おれたちみたいな
小物を相手に、こざかしい策略など使う気にはなるまいよ。

・失礼ながら提督、あなたはよほどの正直ものか、でなければルドルフ大帝以来の
詭弁家ですな。とにかく期待以上の返答はいただいた。
このうえは私も微力を尽くすとしましょう。永遠ならざる平和のために

・あなた(ヤン)ほど戦争の愚劣さを嫌っている人間はいないでしょうに
同時に あなたほど戦争の名人はいない

全てワルター・フォン・シェーンコップの名言です。

・なぁ、ユリアン。ものごとって奴は、最初のうちはなかなかうまく
運ばないものでな…。時間がたつと、だいたいは、もっとひどくなる。

・お互い老人になったら再会しよう。そして俺達を置いてけぼりにして
死んじまった
奴等の悪口を言いあおうぜ。

・何だっておれがヤン・ウェンリー以外のやつの命令をきかなくちゃならない?
俺には自分に命令を与える相手を、自分で選ぶ権利があるはずだ。
それが民主主義ってものじゃないか、えぇ?

・ジョークだけでは生きられないがジョークなしでは生きたくないね。

<画像©田中 芳樹/東京創元社>

オリビエ・ポプランの名言です。スパルタニアンのパイロットで、
敵機を追撃したベスト10に入る人物です。

・なに、私は堪えるだけですむ。君らの苦労に比べたらささやかなものだ byムライ

・民衆がルドルフ万歳を叫ぶ声が私の部屋にも聴こえてくる。
彼らが絞刑吏に万歳を叫んだことを自覚するまで、
どれほどの日数を必要とするだろう byハッサン・エル・サイド

・我々は薔薇の騎士連隊だ。それと知ってなお戦うというのなら、
遺言書をしたためて来い。すぐに役立つようにしてやる。
何なら貴様ら自身の血で、吾々が代筆してやるぞ。byライナー・ブルームハルト

・ヤン 生きて帰れよ!死ぬには バカバカしすぎる闘いだ byアレックス・キャゼルヌ

・滅びの美学ですと?そういう寝言を言うようだから、戦いに負けるのです。要するに、自分の無能を美化して、自己陶酔に浸っているだけではありませんか。 byレオポルト・シューマッハ

・ジャンは戦争に殺された・・・あなたを恨みはしないけれども あなたのお仕事は、
その戦争でしょ byジェシカ・エドワーズ

・いいか、わが息子よ、偉人なら一度の忠告で反省する。凡人なら二度くりかえし
諌められれば、まずあらためる。できの悪い奴でも三度も言われれば考えなおす。
それでも態度を変えないような奴は、見放してよろしい byヤン・タイロン

・一度失ったものを、もう一度失っても別に不自由はせんよ !! さて、
これで悪運を切り離したぞ ! 恐れるものは怯懦のみだ !! byアウグスト・ザムエル・ワーレン

スポンサードリンク