『スクライド』名言集-クーガー・カズマ・速さ・漢・君島・劉邦


漫画アニメの名言集
『スクライド』の名言集をご紹介します。

あらすじ

21世紀の近未来・・横浜を中心に、謎の大規模な隆起が発生します。
そして半径30キロにもなる「ロストグラウンド」という土地が誕生するのです。

スポンサードリンク

そのロストグラウンドでは、次第にアルター能力という特殊能力を
持った赤ちゃんが生まれ始めます。

能力を持ったものたちは「アルター使い」「ネイティブアルター」、
また暴力を振るうなど悪いことを行なう能力者は「アルター犯罪者」と呼ばれます。

 

対して本土側では武装警察機関「HOLD」の中に、アルター能力者らによる
「HOLY」という部隊が設立されるのでした。

ロストグラウンドの中でも崩壊地区で生まれた主人公のカズマが、
HOLYに属する劉鳳と出会ったところから、ストーリーが動き始めます。

 

「漢」の名言

・ぁ、最早何も言うまい 語るべき言葉ここにあらず 話すべき相手ここにおらず 漢、ただ前を向き、ただ上を目指す ただ前を向き、ただ上を目指す

 

「クーガー」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

ストレイト・クーガーは元ネイティブアルターです。

カズマとは兄弟みたいな関係で、カズマにとっての戦いの師匠でもあります。
カズマとは一方的に別れていて、再会時に恨みの言葉を言われます。

・他人に運命を左右されるとは意思を譲ったということだ!意思無き者は文化無し!
文化無くして俺は無し!俺を無くして俺じゃ無いのは当たり前!! だから!!
俺はやるのだ!!

・人生、色々あるわなあ… これもまた文化…

・お前、俺との別れ際に言ったろ~?他人の敷いたレールには乗らない、
逆い続けるって だったらちゃんとやり通せって

クーガーはいつも速さを求めた性格で、口調だったり行動には彼なりの
信念があらわれているんですよね!

まだ21歳とは思えない名言もたくさん残しています。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・俺はこう思ってるんです。旅は素晴らしいものだと! その土地にある
「名産」「遺跡」「暮らしてる人々とのふれあい」 新しい体験が人生の経験になり、
得がたい知識へと昇華する!

・大は小を兼ねるのか速さは質量に勝てないのかいやいやそんなことはない
速さを一点に集中させて突破すればどんな分厚い塊であろうと砕け散るぅ!!

・やれることがあるのなら行動なさい!

ネイティブアルターをしていた頃は最強と呼ばれていたクーガー・・・
ジグマールとの契約で、ホーリーに入隊し、本土で精製を受けるのですが、
そのときに少し「向こう側」を見ています。

・腹が減ったらどうする?飯は?服は?寝床は?全て力で奪うのか? そうやって、
お前が手に入れたもんのおこぼれに群がる馬鹿を従えて、お山の大将気取るのか?

それとも全部独り占めしようとして、テメーを見せ付けるか? ふ、消えて無くなるぞ。
何もかも。

・自分に都合のいい女性をねつ造し、悦に入っているだけの傲慢な男に、
だれも振り向いたりはしないのさ。

・オレが選んだオレの道だ。それを最速で突っ走ってなにが悪い!

・あなたが自分の道を選んだように、オレもオレの道を選んだだけです

・愚問ですなあ、隊長。オレはオレの味方です。

・オレがオレの道を進むように、おまえにもおまえの道があるはずだ。
さあ、おまえはどの道を選ぶ?

オレの道という言葉が多いですね。

クーガーのように自分らしく、自分の味方をしながら生きたいなぁと思う名言です。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・いいですか、俺はこう考えているんです。人間は自由だと。無理な指令の発令には
拒否権を発動することができる。嫌なことは嫌だと言い切る。
悩んでいる時間は無駄以外の何ものでもない。

即決即納即効即急即時即座即答!それが残りの時間を有意義につか…。

悩んでいる時間全てが無駄とは思わないけど、私の場合、
どうでもいいことを悩む時間が多いのでほんっと無駄だと思います。

・お前に足りないのはッ!情熱思想理想思考気品優雅さ勤勉さ!
そして何より―― 速 さ が 足 り な い !

・一途で不器用な男だ。 だからこそあれだけの力が出せるのさ。

・強い人だ、惚れがいがある、残りの命を懸けるに値するほど!

・食事は人の心を豊かにし、エネルギーと明日への活力を生み出してくれます。

・カズマぁ、お前は限界を超えちまったんだなぁ。だったら進め、徹底的になぁ・・・。

・確かに文化も社会的秩序も素晴らしい。 しかし人間は本来、争う生き物なのです。 平穏を維持しようとすれば、ひずみが生じる。

 

「速さ」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・んー、俺はこう思ってるんです。人々の出会いは先手必勝だと。
どんな魅力的な女性でも、出会いが遅ければほかの男と仲良くなっている可能性もある。なら出会った瞬間に自分が相手に興味があることを即座に伝えたほうがいい。
速さは力です。

興味をもった女性には近付く、好きな女性には好きと言う、相手に自分を知ってもらう
ことから人間関係は成立するのですから。時にそれが寂しい結果を招くことも
あるでしょう、しかし次の出会いがいつまた来るかもしれません!

なるほど!!!その通りで、とても共感できる名言です。

出会った瞬間に即座に想いを伝えるって勇気のいることだし、
自分の気持ちを自分で確かめる期間が欲しいなーとか思いがちですが、

この言葉の通り「速さは力」ですよね!心にしまっておきたい言葉です。

・この世の理はすなわち速さだと思いませんか? 物事を早く成し遂げれば
その分時間が有効につかえます。 遅いことなら誰でも出来る! 20年かければ
馬鹿でも傑作小説が書ける! 有能なのは月刊漫画家より週刊漫画家!
週刊よりも日刊です! つまり速さこそ有能なのだ!

 

「カズマ」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

「スクライド」の主人公です。

ロストグラウンド未開発の地区「インナー側」で
自分の能力を使って、非合法の依頼を受けている便利屋の16歳です。

・何かに頼ってる奴は何もできないんだよ。

・他人が俺のことを幸せとか不幸とか言うんじゃねえよ。
それが見下してるって言うんだ!!

・俺の目の前に分厚い壁があって、それを突破しなければならないなら、
俺は迷わずこの力を使う。 迷わずにな。 いいか、迷うなよ。
本気で弟を助けたいと思うなら、迷うな。

・できるできないが問題じゃねえ やるんだよ!!

・ここで自分を守るのは、自分自身の力だけだ!

ちょっと身勝手なカズマですが、負けず嫌い・自分には嘘をつかない性格で、
名言も強気なものが目立ちます。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・俺はなぁ・・・。 仕様がない。運が悪かった。自分には出来ない。明日やればいい。
そんな事を言ってる奴らを五万と見てきたんだ。 けどよ。俺にはどうしても
そいつらが何かするとは思えないんだ。 だから確かめるのさ。俺は違う。
絶対、違ってやるってなぁ。

・今さらちゃらけたこと言ってんじゃねえ! こんなとこで愚痴って何になる!
何になんだよ! あぁ!? 決めつけんな! やるんだよ! 最後までやるんだよ!

カズマらしい名言です。他人にも甘えないし、自分にもきっちりルールを課して、
きちんと自分の始末を自分でするタイプ・・・

そんなカズマだからこそ、、言い訳ばかりして、逃げる人が嫌なんでしょうね。

 

・俺はやられに来たわけじゃねぇ。 背負いに来たんだ。

・同情はしねぇ! ああそうだ、俺にはしている暇もねぇ! 一撃で片を付ける!

・無限に後悔しやがれ。

・視野を狭めろ!余計なモノは視野の外に流せ!
今はただ、アイツにこの拳を当てるだけでいい!

・倒れるかよ! 倒れるとしても前のめりだ!

・自分の体なんざ知ったことか 例え砕け散ろうとなぁ
売られたケンカは買わせてもらう!

・君島、喧嘩だ! あいつら喧嘩を売ってきやがった! だったらどうする!?
答えは一つだ……! 誘いに乗る、喧嘩を買う。そして……あいつらを叩き潰す!!!

・オレはオレのルールで生きる それを裏からほくそ笑んで見てるやつがいるなら、
ケンカを売ってきたやつがいるなら、 叩き潰してやるだけだ!

自分の体が砕けても・・・ですか!?おそろしい。。

間違っても喧嘩を売りたくないタイプだなぁ・・・・^^;

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・俺はただのネイティブアルターだ! ちゃんとした名前もねえ、 手前のような
立派な立場ってやつもねえ。 それでもただ一つ、一つだけテメエに勝っているモノがある!
さあ見せてやる! これが!これだけが!俺の自慢の”拳”だぁぁっ!!

・確固たる信念は肉親の情に勝る!!!

・さあ、見せてやる。 これが、これだけが! 俺の、自慢の、こぶしだぁ!!

・痛ぇのも怖いのも、どこにでも転がってる そういうもんだろ?
腹据えてから動けよ 全部テメエのもんにするか、全部くれてやるか

・うだうだ悩んでる時間はねぇ、迷ってる時間もねぇ! だったらどうする!
やれることをしないで慌ててるだけじゃ、何も解決しないんだよ!

迷って動けなくなっているとき、予想外のことがおきて慌てているときに
思い出したい名言です。

冷静に自分が今なにをすべきか判断できればいいんですけどね、、
これが結構難しいです><

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・俺はな、年の功ってのがキライだ なにかを始める前に忠告してくる大人を見てると
吐き気がしてくる そうよ 俺はガキよ 青臭い小僧よ!!! けどな!!!
失敗しねーと反省もしねーだろーがっ!!!

・ないなら見つけてやる なくても見つけ出す!!

・その平等ってヤツ、そいつが気にいらねぇ・・・。
俺たちはみな違っているのが当たり前だろ。

・いやはや…、ホントに似てるぜ。 俺とあんた! なんやかんや言って、
てめえのやりてえことをやってる。 お利口な理由をつけるか、
黙ってやるかの違いだけだ。

・一度こうと決めたら、自分が選んだんなら決して迷うな。
迷えばそれが他者に伝染する。選んだら進め。進み続けろ。

カズマの言葉は心を押されるものが多いですねー。

迷いは他者に伝染・・あまり意識したことなかったけれど、
確かにそうなのかもしれないな。。

人はいったん楽を覚えちまうとそっち側へズルズルと流される
そうなってしまう自分が嫌なのさ

それなりに自分に厳しい人でも、やっぱり楽を覚えると
味を占めちゃうのが人間なんだろうって気がします。

そんなことは分かっていても、そこに楽なものがあると
ついつい流れさちゃうんですよねー^^;

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・一方的にすがってるてめえは! 過去に縛られてるてめえは!
実は何もつかんじゃいねぇんだ!

・人を勝手にランク付けするんじゃねえ!

・死ぬのが怖いわけじゃない。何もせずに死ぬのが怖い。 なんの証も立てないまま、
朽ち果てるのは・・・・・・それだけは死んでもゴメンだ!

 

・人から教えてもらって強くなるなら… 必死こいて勉強してらぁ!!
だがな 決意と覚悟は… 勉強じゃ学べねぇ!

・ふぬけてんじゃねぇ テメエはその程度の男か… その程度の男かって聞いてんだよ!

・ま、やみくもに突っ走ってもだめなこともあれば 冴えないときもあるけどよ。
だが、たまにはいいこともある。

・おい!何を我慢してる! お前は今泣いていい!!泣いていいんだ・・・・

 

 

「君島」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

カズマの親友・君島邦彦は、便利屋に仕事を斡旋する人物です。

ロストグラウンドでカズマとは一緒に仕事をするパートナーでした。

・俺はあいつと出会っちまったんだよなぁ、ああ、出会っちまった。
だったら、やるしかねぇだろうが。 それになぁ、こんなチンケな俺にも、
すぐに諦めちまう俺にもくすぶってるものがあるのさ・・・
意地があんだろ、男の子にはぁ!!

・時よりよ、おまえが羨ましくてしょうがねえんだ。 何でそんなに決められる。
何で迷わない。 期待しちまうだろ。 俺もお前のようになれるかもしれないって。

スポンサードリンク

ピンチの時には弱音を吐きながらもカズマを尊敬し、共に行動してきました。
君島はカズマにとっても大きな存在なんですよね^^

 

 

「劉鳳(劉邦?)」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

自分の信じる正義を貫いている不器用で一途な劉鳳(りゅう ほう)です、
(劉邦と検索されていますが「鳳」が正しい漢字。)

悲しい過去を持っていて他者を寄せ付けないように振舞い、
水守やシュリスから想いを寄せられていますが、積極的に心を開きません。

・謝罪など意味がない。 罪は償うしかないのだ。

・過去に何があろうとも 今の俺の正義は変わらん!! ――それこそが信念!!!

・俺はこの町にいる人々を守ると、その少女を守ると約束した。
そしてそれをやりとげることを誓う。 だれでもない、この俺自身に!

・信念無き行いは、悪以外の何者でもない! その悪を俺は憎む!

・俺にはわかる。 俺の中にあるなにかが、お前たちを悪だと確信させる。 ・・・
悪は処断しなくてはいけない。 罪は処断されなくてはならない。

ロストグラウンド実質的な支配者・劉家の子息だった劉鳳ですが、
幼い時にアルターの結晶体によって母親を殺害されていて、
そのときにアルターとしての能力が目覚めます。

この事件をネイティブの仕業だと思い込み、ホーリーに入隊し、
ネイティブアルターの狩りを続けているのです。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

 

・制御できない力はただの暴力

・俺はきさまを倒す! 命を!魂を! 俺を俺としているすべてを賭けて! きさまを倒す!

・君にもらった命、俺はまた散らしてしまうかもしれない。 俺はバカだ。
バカな男だ。 しかし! ただでは死なん!

・油断をするな。容赦もするな。徹底的にやれ!

・精神の死は、肉体の死よりも重い!

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・オレはオレの中にあるルールでおまえを悪だと断定する。

・力が欲しいわけじゃない。 ただ全ての人々が正しく生きられる場所が欲しかった
それだけだ

・俺はどこにも行かない。 ここで、この大地で、俺は理想を追い求める。

・理想のためにそうしている。そのためには目をつぶらなければならないこともある。
誰かが、たとえ恨まれてもやらなくてはならないのだ。

正義と秩序を重んじている劉鳳・・・・名言にも彼らしさが滲み出ていますね。

カズマと出会い、次第に互いをライバルと認めるようになります。

 

「由詑かなみ」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>
主人公のカズマと一緒に暮らしている美少女です。カズマのお金の管理や
身の回りのお世話をこなす8歳とは思えないしっかり者。
もともと天涯孤独の少女でした。カズマのことを誰よりも愛しています。
彼女のサポートがあったから、甲斐性なしで、ろくでもないカズマが
人並みの生活をできたのですよね。

・夢の中のあたしは、その人は、怒りと悲しみも笑い飛ばせるほど強い人なのです。
あたしもそんな風に生きていたいと強く思いました。 強く願いました。

切なくて、胸が締め付けられるような名言が多いかなみ・・・

周りからは「礼儀正しい子・いい子」と思われていますが、
過去の経験から実際には心の中で他人と距離を取っているのです。

劉鳳に心を開いてからは他人と関わることも増えて、
最後はたくさんの人に心を開けるようになります!

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・夢を、夢を見ていました。 夢の中のあの人は、怒りに我を忘れ、大切な人の名を叫び、
物を 破壊し、雄叫びをあげていました。 私は思いました。 うらやましい、あなたにそ
こまで大切に想われているその人が、どうしようもなくうらやましかったのです。
できればあなたの大切なものが、私であればいいのに。 私であれば。

大切な人の大切なモノが自分であれば・・・・・・
心の底から大切な人がいるとこういう感情になるのでしょうね。

切ないけど羨ましいなーなんて思っちゃう名言です。

 

・行かないで、なんて言えません。 だってカズ君は、心の中でこう呟いていたから。
かなみ、もしおまえに何かあれば「駆け付ける」 世界中のどこからでも
「お前を助けに行く」 カズ君が好き「わかってる、だが今は行く」

ああ、私はもう何も言えません。 でも涙はあふれてしまいます。
涙は流れてしまいます。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・別に、別に目の前にいる人を恨んでいるわけじゃない。 違う出会い方なら、
こうはなっていなかった。 でも、あの時出会ってしまった。 だから戻れない。

ただ上に行きたい。 白黒はっきりさせたい。 心に区切りをつけたい。
目の前にいる人は壁、相容れぬ存在。 ああ、すべては前に歩くために。
すべては前に進むために。

・夢を、夢を見ていました。 夢の中いる人になった私は、力を求め続けています。
守りたい人がいるから。 守りたいものがあるから。 自分であることをつかみたいから。
だからこそ、その人は、強大な力に立ち向かって行くのです。

素敵な名言ですね。

ほんとその通りで、つかみたいものや守りたいものがあると
人は強くなれるし、大きく成長できると思うなぁ~。。

・夢を、見ていました。 夢の中の私は、激しい痛みに必死に耐え続けていました。
絶え間なく襲いかかる苦痛。 逃げたい、逃げ出したい。 私はすぐにそう思いました。
しかし、その人の思いは違っていたのです。
その人は、少しも諦めてなんかいませんでした。
苦痛から逃げることも、戦うことも。 そして、生きることも。

・私は、生きる。 私たちは生きていく。 あの人たちに笑われないように、
負けないように、 進むことができるように。 強く、強く、強く。

・あの日、あの時、あの…、雨の日に。 あの時、私はこう願っていました。
今が永遠に続きますように。 ぶっきらぼうな彼の横顔を見て、
たまらなくそう思ってしまったのです。

大人しくて優しいように見える彼女ですが、実際には義侠心を内に秘めていて、
1人で理不尽さに立ち向かう強さを見せることもあるんですよね!

カズマの生き様を近くで見ているため、彼女も強くなったのでした。

 

「橘あすか」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

ホーリー隊員で、裕福な暮らしを続けるということに固執している16歳です。
カズマに破れ、ホーリーを除隊し、復帰するために再度戦いを挑みますが、
再び敗北するのでした。

その後はカズマの影響で、新しい生き方を見つけ、ブローカー会社を設立・・
水守と一緒にロストグラウンドの復興に尽力します。

・僕もあなたの生き方を否定する気はありません。 いや、むしろ羨ましい。
…だけど、譲れないものがあります! そのためには、戦うしかないときもあります。

・いいえ、逃げません。 ここはそんな事が出来る場面じゃない!
諦める方向には進みたくない…そう、ここは抗う場面です!!

・なぜだ。 突き動かされてしまう。 嘆きも悲しみもなく、ただ前を向いているだけの
愚かしいこの男に。 なぜか僕は。 感銘すらしている。

・僕はできるだろうか…掴むことが…違う!勝ち取るんだ! そして見極めるんだ。
自分が何を必要としているのか。何を求めているのか。

挫折を味わって成長したあすかだから、この言葉が出てくるのかな。
自分が必要としているものを見極めるって、すごく難しいと感じます。。

 

「桐生水守」の名言

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

ロストグラウンドにはアルターの能力を研究するということでやってきます。
が、劉鳳に好意を寄せていて、本当は彼と会うことが目的だったのです。

クーガーから熱烈なアタックを受け、流し続けますが、クーガーが戦闘で亡くなった
と思い込んで、涙を流すシーンもあります。

・安易な優しさは相手を堕落させる

・結局、私は何もできなかった。心の道筋をつけることも。 でも…、
真実を知ることが目的じゃなかったはず。 事実を知った私が、
どう行動するかが問題なのよ

・生きるために戦う。 そんなの、悲しすぎませんか。

人は人を助けるものよ。 少なくとも私はそう教わってきたわ。

水守の言葉は暖かくて妙に心が落ち着きます。

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・私は何も知らないで安穏と暮らすより、真実を知って傷つく方を選びたい

芯が強いかっこいい女性だなぁ。
私自身、知りたくないことから逃げて平和に暮らそうとするタイプなので
この名言は響きます・・・。。

・あなたにはあなたの考えがあるように、 私にも私の考えがある。

・あの人達と私達にはなにか違いでもあるの?無いはずよ。そんなものは何一つね…
私は黙って見てることなんでできない。その人達を救ってあげたい

 

 

そのほか、名言

・個人の資質に、年は関係ないと思いますが  by無常矜侍

・そう!優しさに包まれて、人は弱くなるものである! ぬくもりに包まれて、
人はいやされるものである。 一方的に与えられる幸せは、人間を堕落させ、
骨抜きにされてしまう。  by雲慶

・女の子たち! 君たちの本当の力を見せつけてやれ。
例えその姿が醜くなろうとも!  by来夏月爽

・見えねえよ! 仲間を傷つけるやつの行為なんてな!  by瓜核

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

・窮地…追い詰められた者は生き延びたいと強く願う。生を渇望する。

・その果てに何があるのか?
何もありはしない… 無いからこそ求める… 人は求め続ける

・花は愛でられてこそ美しい…

・遠い日の約束、戸惑いの再会 すれ違う心、すれ違う体 嗚呼、しかし、
たとえこの想いが届かぬとも、愛は最速で駆け抜ける だから誓う、この恋に殉じる

・事実を知ることが悲しみであれば、 騙されていることが幸せなこともある

全てナレーションで出てきた名言です。

騙されていることが幸せという部分は深いなーと感じました。

・いざという時にも力をセーブしようとする。中途半端に明日を夢見る。
それが敗北を招くのだ

・これでは母親の仇かたきは取れないな! 大切なものも守れない!
信念も貫き通せない! 母に申し訳ないと思わんのか! 一歩たりとも前に進めず、
それでもプライドの保持に執着する! それでも!
それでも私の部下だった男かぁ!!

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

マーティン・ジグマールの名言です。
彼は最初にロストグラウンドで確認されたアルター使いで、
目的のためなら手段を選ばない性格ですが・・・

息子がアルター使いとして差別されないように、人して生きれるように、
というために行動していて、ネイティブアルターの地位があがることを望んでいます。

 

・近くにいるのに気持ち届かないの、結構つらいよ。
/ それでも近くにいたいというのは、わがままなのでしょうか。
(桐生水守/シェリス・アジャーニ)

・そうやって、自分の中にある確信を信じて進む人は魅力的よ。
でも、それが他人との間に大きな溝を作るってこともあるんだけど。

過去は変えられなくても 未来は変えられる

<画像©黒田 洋介/秋田書店>

シェリス・アジャーニは仲間を殺されたり、家を燃やされるという
悲惨な過去を持っている人物です。

「過去は変えれないけど、未来は変えられる」
前向きな彼女の姿に勇気をもらえます。

他のチームに監禁されて死にかけているところを劉鳳に助けてもらってから、
彼に惚れこんでいるんですよね^^

スポンサードリンク