『ピンポン』名言集-映画・ペコ・窪塚・おばば・アクマ・ドラゴン・ヒーロー


漫画アニメの名言集
『ピンポン』の名言集をご紹介します。

あらすじ

片瀬高校卓球部の幼馴染のスマイル(月本誠)とペコ(星野祐) ・・
星野祐は先輩に挑発的な性格で、卓球が強い自分の才能に自惚れしています。

スポンサードリンク

一方、月本誠は決して笑わなかったため、星野祐がスマイルというあだ名をつけました。
無口で内気ですが、卓球はとても強い人物です。

そんな2人は辻堂学園高校卓球部の偵察に行った時に、
留学生の孔文革(チャイナ)と出会います。
孔文革との対戦で、星野祐は1点さえとれず敗北するのでした。

それと同時期、スキンヘッドが特徴の高校生が月本誠を偵察するために
片瀬高に現れます。彼は海学園高校卓球部に属するドラゴンこと風間竜一です。

風間竜一は片瀬高の卓球部顧問・小泉丈(バタフライジョー)に対して、
「絶対にインターハイで優勝する!!」と宣言するのでした。

そしてインターハイの幕開けです。

 

卓球に青春をかけた高校生たち・・彼らの夢や友情を描いた感動の物語です。

 

「映画」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

2002年に映画化され、窪塚洋介がペコを演じました。

原作を変に触ることもなく、作者・松本の世界観がそのまま表現されていると
評判だった映画版ピンポン・・・。

ペコ・スマイル・アクマといった登場人物の人格・深み・熱さなどを
見事に演じ切っています。

友情・自信・努力・挫折など、青春をテンポよく描かれていて、
飛び出す名言の数々も俳優たちの演技力が加わり、より心に響きました。

卓球なんて死ぬまでの暇つぶし

冷静沈着なスマイルの名言です。

ペコと出会って卓球の世界に足を踏み入れ、
顧問である小泉から卓球の才能を見出され、特訓を受けるようになったんですよね。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・飛べねぇ鳥もいるってこった

「ピンポン」の中では有名なアクマ(佐久間学)の名言です。
自らの卓球センスのなさを表現しています。


・反応・反射・音速・高速、もっと速く、もっと!

こちらは窪塚演じるペコと中村獅童演じるドラゴンが対戦するシーンでの名言。

世界最速のスピード感を感じ、卓球の魅力がぎゅっと詰まった試合でした。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・ペコ、先に行ってるよ
・それはアクマに卓球の才能がないからだよ
単純にそれだけの事だよ 大声で騒ぐ事じゃない
・なあオババ、もう一回握り方から教えてくれろ。
・三世紀はやまったね・先輩は下痢でありますか?。
・アンタはオイラに飛び方教えてくれた

個人的に嫌いなんだ…格好悪いペコみるのが

・また、連れて来てくれるか?

ドラゴンのセリフに答えたペコの顔が素晴らしいんですよねー。
原作も、窪塚も・・・とてもいい表情です。

血反吐(ちへど)吐くまで走り込め。血便出るまで素振りしろ。
今よりちったあ楽になんだろ。

卓球にすべてをかけたアクマがスマイルに負けた時の名言です。
こちらも有名ですね。

本気で努力したアクマだからの重みある言葉ではないでしょうか。
努力しても全てが実るとは限らないんですよね。

それでもアクマの卓球への姿勢というのは見習うべきものがあります。
最初嫌なキャラだと思っていましたが、段々アクマの魅力に
惹かれていくって人も結構いたみたいです。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・血って鉄の味がすんだぜ

ペコの名言です。

ネット上では何故、作者がこのような「血を鉄」と表現したのだろうか、
という意見が飛び交っています。

血反吐を吐くみたいな意味で、かなりの苦難に耐えた、艱難辛苦を体験した、
といったことをほのめかした表現じゃないかと言われています。

I can fly!

「ピンポン」を見たことのある人なら知ってる名言でしょう。
ペコのセリフですね^^

この星の一等賞になりたいの卓球で、オレは。そんだけ!

ペコのセリフですが、原作では「そんだけ!」がついていないんですよね。

それにしても原作のセリフがたくさん散りばめられた映画・・・
作者が原作を愛しているのが分かります。

<画像©松本 大洋/小学館> 

 

・夢を持て 英雄になりたければ夢を持つんだそして誇りも!

・クォラアアァァッ、声出せいちねーーーーーーん。

・愛してるぜ、ペコ

・迷える鳥達に飛び方を教えてやらなくちゃな

・ごちゃごちゃうるせえっ!邪魔するなっ!

「お帰り、マイボーイ。」
「イエス、マイコーチ」

コーチ演じる竹中直人。
スマイルがこう答えたあとの表情は素晴らしいものでした!

<画像©松本 大洋/小学館> 

・アクマ 絶対に負けない唯一の方法教えてやるよ・・勝つことだよ!

・大和魂ーーー

・そんな打ち形してると癖になるぞ メガね
・スマイル・IN THE USAも歌いなよ。
・オールフォアでも負けないじゃん
ねぇ、ペコ、ヒーローって信じる?
 
<画像©松本 大洋/小学館> 
月にタッチするなんて、わけないよ
この名言ですが、原作だと
 月にタッチして帰って来るぐれえ、わけなかったぜ。
奇跡なんて言葉、知らなかったよっ。
となります。「ピンポン」って原作も映画もどちらも大好き!!っていう
ファンがほんと多いんですよね~。
・付け焼き刃の裏面、私に通用するとは決して思うな。不快だ!
・飛ぶんだろうがぁぁぁ!

・俺の名前は、星野ゆたかだー!そこんところよろしく!だろ!!

・ギャハハ…愛してんぞオババ!!俺らベストカップルだよな!

・ババアのパンツ見ちまったーー!

・ペコ 努力なんて才能の無いやつが言うことだよ

 

以上が映画版名言でした。
窪塚の存在が良い仕事してるなーと思いました。

ここから漫画・アニメ版名言をご紹介します。(若干映画版と被ってます。)

 

 

「ペコ(窪塚)」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

「ピンポン」の主人公・星野祐。

幼い時からタムラ卓球場で卓球の腕を磨き、
小学生の頃から卓球で右に出るものがいないかなりの実力者です。

高校に入ってからは卓球部の練習に真面目に参加しないで、素人相手に卓球で賭けをして
お金をせびるような生活を送っていました。

・オイラ飛べるっ…ピカピカ見えるっ!!ピンピン動くっ!!
インパルス走るっ!!永久記憶不滅っ!!反応!反射…音速!高速!
ピンピン動くっ!!もっと!もっと!速くっ!速くっ!

・心の中で3回唱え、ヒーロー見参!ヒーロー見参!ヒーロー見参!
そうすりゃオイラがやって来る。ピンポン星からやって来る!!

・元気だせスマイル!!地球は丸いぜっ。

・へへ・・・悪ィな相棒。成仏してくれよ。

・俺、高校ハネったら、ヨーロッパ行く構えよ。

・でもね、オババ。あいつ笑うと結構可愛い顔してんよ。

・湖池屋好きよ、俺・・・ 個人的にね。

高校1年の大会で元卓球仲間の佐久間に敗れてしまい、
落ちこぼれの生活を送っていたペコですが、佐久間からの説得により、
タムラ卓球場のオババから特訓を受けるようになります。

そして見事に咲きかえりを見せるのでした。

<画像©松本 大洋/小学館> 

 

・キャーッ、ハッ。3世紀早まったね。俺に挑戦するの。

・単純なのよ、俺のばやい。

・スマイルが呼んでんよ。

<画像©松本 大洋/小学館> 

 

・くそっ!!あつがなついぜっ!!

・シェーシェーだぜ、孔さん。あんたのおかげで、オイラひとつ強くなる事が出来たよ。
あんたはオイラに飛び方を教えてくれた。

・スコンクで負けた。日本の恥だ。今頃、世界中の笑い者だ。死む。

・オイラの体 どうにもうまくねんだな、これが・・・ でも アンタ
高い所飛ぶ選手だかんよ、うんと高く飛ぶ選手だかんね。
オイラも背中に乗っけてもらって・・・ 飛ぶ。

この星の一等賞になりたいの、俺はっ!!

<画像©松本 大洋/小学館> 

映画版でも紹介した名言ですね。

「この星の一等賞」って部分がいいな~
口調が可愛いけど本気が伝わってきて、個人的に好きな名言です。

・人様がどうなろうが敗北なんか楽しめねえかんよ。とにかく勝ちゃいいかんね。

・へへ・・・ あんな部活 出たって無意味だかんね。ポンコツばっかじゃんすか。

・前陣速攻の表ソフトプレーヤーが、3日サボったら・・・ 勘戻すだけで、
1週間は必要だってオババが言ってたっけよ・・・
ひと月さぼりゃ使い物にならんとさ。

・あいつはもう、ずっと長いこと 俺を待ってる。ずっと長いこと、
俺を信じてる。気づいてたけど、知らんフリしてたよ、オイラ。
ビビって必死に耳塞いでたさ。 俺は・・・

自分の弱さに気付いているからこその葛藤が伝わってきます。

こわくて気づいてないフリをする場面って日常でも時々あると思うのですが、
自分にはウソをつけないし、そんな自分に悔しいんですよねぇ。。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・スプライトも軟弱になったもんだね・・・ 健康ブームだか知らんが、
この微炭酸っちゅうのだけはどーも・・・

・知ってるかスマイル・・・ 血って鉄みたいな味するんだぜ・・・

・キャハハッ・・・ 飛んだよ 飛んだ・・・ やっぱり飛べたっ!

・素因数分解が実生活に応用出来るか?

・卓球しようぜスマイル。俺が教えてやんよっ!!

・何も責めちゃいねえさ。いいんでないのォ。エンジョイピンポン。

・我 思うにオババ。 最近のチョコレートときたら、軟弱の極みだよね。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・そうだったぜ、思い出したよ。確かこん時だ・・・
笑ったんだよなスマイルの奴。笑ったな・・・うん。

普段笑わない人の笑顔ってめちゃくちゃ心に残りますよね!!

<画像©松本 大洋/小学館>

 

 

「おばば」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

タムラ卓球場の経営をしているおばば・・・
ペコやスマイル・アクマらが小学生の時から特訓をしてきました。

ペコが再起を図ろうとした時に、手を差し伸べます。

・いいかい ペコ。確かにお前さんのぐらいの年には、無茶だの無謀は必要だ。
そいつは認める。 ただ、お前がこの世界でてっぺん目指すなら、
白旗上げる勇気っての?覚えないとね。

・そうゆうのはね、ペコ。ハナタレのぬかす常套句だよ。

・くだらない事言ってないでよ、ちゃんと行けよ、学校。

おばばって言葉は悪いし、指導もすごく厳しいんですよね。
でも誰よりも選手らを愛していて、可愛がってるのが伝わってきます。

愛してるぜ。ペコ。

<画像©松本 大洋/小学館> 

アニメ版のおばばもステキですね。全てのキャラの中で一番かっこいいと
おばばファンも多い人物なんです。

この特訓前に言う「愛してるぜ」にはしびれます。

・愛がないのならあの子からきっちり手を引きな。
手前の下の世話させるぐれえの覚悟がなけりゃあね。

スポンサードリンク

おばばの愛情の深さを自分で表現している名言です。
選手たちのこと「手前の下の世話をさせるぐらい」愛してるんですよね^^

いつまでもペコの背中に隠れてないで・・
いい加減前に出て勝負してみたらどうなんだい!?

暖かくて、一歩勇気を出してみようかなと思わされます。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・勝てば官軍 負ければ賊軍。そんな精神が生み出した挫折をたくさん見てきた

・技術叩き込むだけがコーチングと違うぜ、小泉よ。
そんなもの本開きゃ書いてある。

・中学生の頃、いい所まで行ったとかなんとか自称してるけどね・・・
所詮大学生のボンボン卓球だね。

 

 

 

「アクマ」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

ペコとスマイルの幼馴染の佐久間学です。タムラ卓球場出身で、
重度の乱視により、幼い時から分厚い眼鏡をかけています。

ドラゴンへの憧れで、彼のようになりたくて海王学園に入学し、
最初は渋っていた顧問に必死に懇願して卓球部に入るのでした。

・血ヘド吐くまで走り込め。血便出すまで素振りしろ。
今よか ちったァ楽になんよ…ヒーロー。

・一体 何処で間違えた? 一体 何に躓いた? 何処で間違えた?何に躓いた?

絶対負けない唯一の方法はだな 闘わない事だ

絶対に負けない唯一の方法教えてやるよ・・・ 勝つことだよ!

<画像©松本 大洋/小学館> 

うんうん、どちらも間違ってない(笑)^^;

・何処見て歩きゃ、褒めてくれんだよっ、えー?オイッ。

・飛べねえ鳥もいる。

・俺は努力したよっ? お前の10倍、いや100倍 1000倍したよっ!
風間さんに認められるために?ペコに勝つために?
それこそ、朝から晩まで卓球の事だけを考えて・・
卓球に全てを捧げてきたよ、なのにっ・・

<画像©松本 大洋/小学館> 

ペコとスマイルのことをライバル視しているんですが、
2人からは全く相手にされていない、ちょっと切ないアクマなんですよね。

才能はあんまりないのに、誰もが認めるくらいの努力家。。
そんな努力を続けたアクマの叫びの名言・・ちょっと胸が痛みます。

 

・ちっとばっか風間さんに気に入られてるからって、調子くれんな。
お前の連勝記録も所詮、止めマン相手のあそ卓に過ぎねえよ。
井の中の蛙水遊びしてんだよ。俺が本物の卓球ってやつをなァー・・・

・怠慢と妥協にまみれた卓球を続けた お前に…何ができる、ヒーロー。

・押忍!自分は海王一年、佐久間であります!
本日は、月本選手と試合させていただきたく参りましたっ!

<画像©松本 大洋/小学館> 

・そうさ、お前にはわからないだろうよ。いつだってお前が一番だった
やる事なす事垢抜けてて、いつも皆の中心だった。お前が右を向けば皆右を向く。

お前が笑えば皆笑った。おちゃらけてても決めるところは決め、
年上だって簡単に吹っ飛ばす。そのお前を俺がどういう目で見ていたか。
俺が何を感じてたか。

なんだかアクマの気持ちを考えると胸がぎゅーっと締め付けられるなぁ。。。

どんな時も一番で誰からも慕われる中心人物ってどこにでもいるけど、
そういう人に対して嫉妬心を持ってしまうとしんどそうな気がします。

 

 

「ドラゴン」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

海王学園卓球部の部長兼主将をしている風間竜一です。

高校では最強の選手として名を知らせていて、インターハイでは
2年連続で個人優勝しています。

理想を掲げる事はたやすいのです。ただ理想の追求を許された人間は少ない。
限りなくゼロに近いのであります。

・勝利のを望むのであれば、それを成し遂げるための努力が必要だ

・せいぜい振り落とされぬようにな、ザンギリ頭。 私は 強い。

勝利の中にこそ真実がある

・全身の細胞が狂喜している。加速せよ、と命じている。

・敗北は死を意味する

ドラゴンの名言を見ていると彼のストイックな性格が出ているもの多いですね。

高い目標で自分を追い込む場面もありますが、
試合前には無敗というプレッシャーに苦しんで、トイレに籠ったり
繊細な一面も持ち合わせています。

「敗北は死を意味」という言葉からもプレッシャーの大きさが見て取れます。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・その憐憫が、我が海王学園卓球部の名門復活に、どう役立つのかと問いたい。

・なにしろ才能とは求める人間にのみに与えられる物ではないのでな。

・金木犀の香りがするね。

・しだいに引き離されていく・・・・・・ 徐々に置いてゆかれる感覚。 優劣は明確。
しかし、焦りはない。 全力で打球している。 全力で反応している。
怯える暇などない。 怯える必要など・・・・

・私はここまでだ、ヒーロー……また 連れてきてくれるか?

卓球に関しては純粋に実力を追及していて、合理性も大事にしています。
だから薄情にみられることもあるんですが、試合では選手へのヤジを一喝するなど、
誠実でかげひなたのないシーンもあります。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・ゴチャゴチャうるせえっ!邪魔するなっ!!

・旧態依然。危急存亡。じき、冬が来る。

・いずれ、お前も知るだろう

 

「ヒーロー」の名言

ヒーローに関する名言です。

・ヒーローなどいない。
あるのは現実と、それに適合できるものだけが勝者となる事実だ

ドラゴンにはヒーローはいないんです。彼の中でのヒーローだった父親を亡くし、
ヒーロー不在いう過酷な現実があるから。。

おかえり、ヒーロー

スマイルがぽつりとつぶやいた名言です。
彼が言いたかった言葉はたったこれだけなんです。。

映画版ではARATAの表情に感動させられました。

・ピンチの時には必ずヒーローが現れる。

・大丈夫!ヒーローは勝つように世の中出来てるから・・・

こちらもスマイルのヒーローの名言です。

 

「スマイル」の名言

<画像©松本 大洋/小学館> 

「ピンポン」もう1人の主人公・月本誠です。
小学生の時から笑わない不愛想を装ってきました。
冷静沈着に見えて、実は心優しい性格・・・。

周りから虐められるたびに、ペコが守ってくれています。
そんなペコの影響で卓球をはじめ、ペコのことは誰よりも信頼しています。

・馬鹿馬鹿しい。何やってんだろ、ホント。何処だよここ?

・迷惑なんだ、そうゆうの・・・

・嫌ならやめたらいい。無理して続ける事はないよ。

・それはアクマに卓球の才能がないからだよ。 単純にそれだけの話だよ。
大声で騒ぐほどの事じゃない。

・強くなるとか、優勝するとか・・・ そうゆう卓球をやりたくないんだ、僕は。

・プレーする事で何かを犠牲にしたり、
勝つために誰かを引きずりおろしたりしたくないんだ。

・卓球に人生賭けるなんて、僕に言わせればナンセンスです。
理解に苦しむ。気味が悪い

卓球に関してスマイルがどれほど葛藤しているか分かりますね。
気味が悪いまで言っちゃうなんて・・・・笑。

個人的に嫌いなんだ・・・ 格好悪いペコみるのが。

「憧れの人」の存在って消したくないの分かる気がするなぁ。。

ペコのことをずっと尊敬し、誰よりも慕ってきたスマイルのこの名言は
なんとなく理解できます。

<画像©松本 大洋/小学館> 

 

・疲れるんですよ、なんか。笑ったり・・怒ったり・・そうゆうの凄く・・

・なんだか最近疲れるよ。人間関係とか。卓球にしても・・
どんどん複雑になってくる感じで・・んだん単純じゃなくなっちゃって。

うーん。。スマイル・・・・こりゃ相当疲れちゃってますね。

・僕、先に行くよ、ペコ。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・勝ちたいだけですよ、先生。いけませんか?

・やってもいいけどアクマ・・・ 負けるよ、お前。

僕の血は鉄の味がする

<画像©松本 大洋/小学館> 

 

その他、名言

・君が球を追うんじゃない。球が君を追うのだ。

・僕がそっと押せば、彼はうんと高く飛ぶよ。

その薄い羽では海を渡ることは出来ない

・中国がパンダとラーメンだけの国じゃない事を知るにはいい機会だ。

・ノープロブレム!!ミーは尽くすタイプだっちゃ。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・教えてあげるよ、Mr,月本。君の卓球がいかに軟弱でもろいかを…

コーチの仕事というのはね、指導する選手が存在して始めれ成り立つの。

・頂上に立たねば見えない光景があるという話ですよ。Mr,月本。

・なんとっ!! 450円もするのかっ、読売ランド! Too expensive!!

・君なら打てたかね?旧友の傷に釘を突き立てるような球をね・・・
選手生命を奪う危険なコースにさ。

・Yes♡ 愛ね。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・とにかく卓球の事だけ考えていて欲しい。起きてから寝るまで。
食事の時、風呂の時。とにかく常に・・・

・闘志を剥き出しに挑む相手に対し、君は・・・ 怯えるっ!!

・連立方程式解ける人間がね・・・九九の授業に付き合う必要はない。

・落ちてるよピッチ!! 上げて 上げて ラストーッ!! 腕振るっ!もっとオ! 耐える!
そこで!ハーイOK!

・前にも言ったがコーチは選手がいて初めて成り立つ 今度やったら殴るぞ
ドゥーユーアンダースタンド?ミスター月本。

・ナンセンス。高校の英語教育がなんの役に立つ?

片瀬高校卓球部の顧問である小泉丈(こいずみ じょう)の名言です。
英語教師でもあるので口調もちょこっと英語混じり・・。

昔はおばばが絶賛するくらいに優秀な力の主で、バタフライジョーという
呼び名がついていました。

スマイルに才能があると見抜き、彼の扱いにくい性格に
苦戦しながらも一流の卓球選手の育てていきます。

 

・王子様ただ御一人、連勝街道を突っ走っておいでだよ。

・だべってんじゃねーよ、一年っ!!三年もう来てんぞっ コラァ!!

・ちっ、なんだかなァ・・・

<画像©松本 大洋/小学館> 

卓球部のキャプテンをつとめる大田の名言です。

面倒見の良い性格でスマイルやペコの活躍ぶりを見守っていました。
小泉がスマイルの専属コーチ状態となってからは、他の部員の扱いに不満を感じ、
部への熱も失っていましたが、次第に和解・・・さいごはスマイルに憧れをもつようになります。

・そげな話 聞いて、佐久間がどげん感じおろうかのォ、
えー?ワシらと苦楽を共にしてきたちゅう佐久間がのォ。

・佐久間の風邪じゃが、ワシャ信じとらんけの。 アレの練習バカはチーム1たい。
盲腸腫らしてんラケットば振る男じゃ。

<画像©松本 大洋/小学館> 

こちらは海王学園の卓球部副部長である真田昌幸の名言になります。

平和思考で人情家・・・ドラゴンに怒られた部員を慰めたり、
ドラゴンのアクマに対する冷たい態度に怒ったりすることもありました。

 

・強いのか?

・お前もいつか、あの子の辛さがわかる。

こちらは海王学園の卓球部顧問である風間卓のセリフですね。

卓球への指導は厳しいのですが、部員たちのことはとても理解していて、
優しく接する態度が印象的です。

<画像©松本 大洋/小学館> 

・清問 風間 同志好!

・アイツが1回戦で負けでもしたら、魔女に頼んでカエルにでも変身してたところだ。

・風の音がジャマだよ。

中国から雇われた選手・孔文革の名言です。通称チャイナです。

卓球大国の中国で生まれ育っているので、エリート意識を持った人物。
プライドが高く、ちょっと傲慢な面が目立ちますが、スマイルのことは
才能を認めていて、勝負したいと願っていました。

スポンサードリンク