新時代を感じさせる…アニメをテレビやスマホでいつでも見れる動画配信サービスってすごい!

Pocket

ご挨拶が遅くなってしまいました。
当サイト『漫画アニメの名言集』編集長の吉岡(♂)です。

私は今年で36歳になりますが、実は本業ではWebマーケティングの会社を都内で経営しながら割と真面目に?日々仕事をしています。

30代という、人生の中でも最も気力、体力ともに充実しているこの瞬間において経営者という立場で人生を経験できていることは、一つ運が良かったのかなとも思ったりします。

さて、アニメというテーマで言えば私は小さい頃から少し変わっていて、毎週テレビで必ず見る番組と言えば『ドラえもん』だけでした。

毎週金曜日の19時から、テレビ朝日が映る6チャンネル(住んでた地域がバレそうですね!)に切り替えて、テレビにかじりついて見ていました。

私の世代の同級生たちは揃って毎週水曜日の19時から放送されていた『ドラゴンボール』や、もうちょっと上の年齢になるとスポーツ漫画の『スラムダンク』なんかの話を毎日学校でしていて、ドラえもんしか見ない僕はいつも会話についていけずに少し浮いていました(苦笑い)

当時は複雑な人間心理とかストーリーに興味が持てず、ただただ夢の世界に浸るのが好きな妄想少年だったんだと思います^^:

ドラえもんがポケットから出す道具で一番好きだったのは『タケコプター』でした。
多分、作品中の登場頻度も最も高いのでは無いでしょうか?

自分の思ったように空を自由に飛ぶことができるタケコプターは、人間の想像力を最大限に掻き立てられ、空に対する大きな夢を抱きました。

実は経営者としてやっていこうと決意する少し前、私はプロのパイロットを目指してアメリカで訓練を受けていました。エアラインに入ってパイロットとして飛ぶことで空への夢を叶えたいと考えていたんですね。

ただ、空に憧れた妄想少年も大人になって成長すると、別にやりたいことが出てきて、右往左往しながらも気が付いたらメンバー20名程度の会社を経営していました。

パイロットという職業も一回のフライトごとになかなかのプレッシャーがかかる仕事ですが、経営者という職業はそれとはちょっと比較にならないんじゃないかと思うくらいの凄まじいプレッシャーが常にのしかかり、責任と重圧を感じる職業ではあります。

押しつぶされそうになりそうな気持ちを奮い立たせながら、戦略を考え、緻密に実行し、リスクを取って行動する必要があります。

そんな時、いつも癒やされているのがアニメキャタクラーの名言です!

大人になってから色んなアニメの名言を知りましたが、世の漫画家さんは本当に天才ばかりだと思います。多分男の子だったら小学校くらいの時に一度は漫画を書いてみたことがあると思いますが、ちょっとやってみすぐに限界を感じる人も多いのではないでしょうか?実際、プロとして漫画家になるというのは東大に入るよりも難易度が高い、才能のある人にだけ与えられた特別な職業なのだと思います。

このサイトを立ち上げたきっかけも、このような天才が作った素晴らしいコンテンツを名言集という形でまとめて、世の中の人に知ってもらいたいと思ったからです。

それに僕らが子供のときにはちょっと想像もできなかったことなのですが、最近はdTVやHULUやNetflixなどの動画配信サービスが台頭し、世界中どこにいても自分の好きな映画やアニメ、ドラマなんかを見ることができるようになりました。

私も今、いくつかその目的に応じて動画配信サービスを契約していますが、どこに入っても毎回満足させてもらっています!

下記のような動画配信サービスの比較サイトなんかを参考に自分が見たいと思ったアニメを探してみると、簡単に見つかりますよ。

参考サイト:動画配信サービスを比較の【VODチャンネル】
URL:https://vod-channel.net

さすがに大人になってからドラえもんを見ることはほとんどなくなってしまいましたが、子供の時のタイミングで見れずに人生を損(?)していた自分にとって、こんなサービスの中で再会できてなんかちょっとうれしく思ったりしています。

小学校の時の友人に今度会ったらスラムダンクの話でも振ってみようかなと思います!
もうみんな興味無いかな・・・。

スポンサードリンク